無料ブログはココログ

カテゴリー「ビール:北海道」の記事

2017年1月14日 (土)

大沼公園駅と大沼ビール

北海道旅行の最終日、メインの行程は函館から東京へ北海道新幹線を使って帰ることですが、それまで時間があります。一般の旅行者なら函館名物の朝市に行って、イカソーメンや海鮮丼を食べてから市内を散策するのでしょうけど、私はもちろんビールです(^.^)。

0578

大沼ビールを目指して函館から特急で30分ぐらいの大沼公園へ。この区間は汽車旅的に見所が多いです。大沼公園到着少し前に見える小沼越しに見える駒ケ岳は日本有数の車窓スポットです。

0577

下車した大沼公園の駅舎も良いですね。大正から昭和初期に流行った洋風木造建築の駅舎で、今回の旅行でも使った名寄や登別も同じスタイルですが、大沼公園がオリジナルの姿を保っているみたい。

0574

大沼公園の駅から歩いて10分ぐらい。大沼ビールのブルワリー兼レストランの「大沼ブロイハウス」があります。朝の9時から営業していて私には好都合なのですが、16時までの営業はお酒を扱う店としては早仕舞いなのではないかな。個人的には4時間ぐらい営業時間を遅らせた方が良いのではと思っています。


と、部外者の感想はともかく、店に入ってビールと思っていたら、入口付近でブルワーさんとばったり。これから東京のイベントへ出張とのこと。会えて良かったです。

0575_2

まだ午前中だったので、広い店内はもちろん私独りです。と言うよりこの店が賑わっている場面を見たことがありません。外販メインだから仕方ないのかなー。

0576

そんな状況でもめげずにビールです。大沼ビールと言えばケルシュとアルトですが、私はIPAとこの時の限定のインペリアルスタウトがお気に入りでした。どちらもアルコール度が高いスタイルで、寒い北海道には似合いますね。

2017年1月12日 (木)

登別地ビールと外国人観光客

札幌でのメインイベント(笑)、札幌市電の延長区間に乗ってきました。朝ラッシュでもあったので、延長区間では立ち客が出るほどの混雑ぶりで、好調さがうかがえます。これで日本で乗っていない路線は北海道新幹線と福井駅前の2つだけになりました。北海道新幹線は翌日乗る予定ですし、福井には夏頃には行こうと思っているので、完乗タイトル奪還への目処がついてきました。
登別へ鬼退治を兼ねて祝杯をあげに行きます。

20170104_113317

20170104_113626

登別駅からバスに乗ろうとしているのですが、中国人観光客で長蛇の列です。危うく乗り損ねるところでした。実際、列の後半は乗れず、臨時便を出して対応していました。外国人観光客が増えているとは聞いていましたが、これほどとは!。

0568

満員のバスの乗客のほぼ全員は登別温泉に行くのでしょう。運転手さんもそう思いこんでいたようで、降車ボタンを押したのに通過されてしまいました(涙)。「すいませーん、降ります」と大声を出し、バス停を数十メートル過ぎた場所で降ろしてもらいました。私が途中下車したのは、もちろんビールが有るのです。

0569

道路わきにあるビル、1階は鬼伝説地ビールを造っているわかさいも本舗の店舗とビール醸造所、2階はビールが飲めるレストランになっています。昼でしたので他のお客さんはランチとソフトドリンクでしたが、私はもちろんビールです。予め連絡しておいたので、鬼伝説地ビールのブルワーさんが席まで来てくれました。新年の挨拶を兼ねてビール談義です。今年もよろしくーってね。

2017年1月11日 (水)

モルトヘッズ

札幌ではモルトヘッズという店に行ってきました。地下にある隠れ家的な小さめのバーで、ボトルビールの扱いが豊富で有名です。以前から行きたいと思っていたのが、やっと実現しましたです。オーナーの坂巻さんとは以前からの知り合いなので、ビールを話の種に楽しませていただきました。

20170103_192101

この日も混んだ行程だったので、荷物置きにホテルに入ったら、そのまま寝てしまい、次の予定だった麦酒停はまたの予定になりました。

20170103_193433

画像は小樽ビールのドンケルです。小樽ビールも今回は行けませんでした。残念です。

2017年1月10日 (火)

月と太陽BREWERY

札幌ではもちろんビールめぐり。さすが札幌には多くのビールの店が有りますが、正月休みの店があるので何処にいくのか迷います。

0553

選んだのは月と太陽BREWERYという札幌に新しく開業したブルワリー兼レストランでした。場所を検索したら、札幌のクラフトビール業界ではベテランのNorth Islandのビアバーの徒歩圏内のすぐ近くでした。定評あるNorth Islandの近くに店を構えるとは、とても自信があるのかな、と思いつつ店内へ。

0554

正月休みとはいえ、札幌の繁華街とは離れている場所の真冬のビールでは空いているだとうと思ったら、席は予約でいっぱいでした。予約無し、独りの一見さんは立席のスペースへ。

0555

店内様子を見ていたら、若いカップルやグループが続々と入ってきました。後日に札幌のビールの方達に聞いたら、若者に人気のスポットになっているようです。確かに垢抜けた店内の雰囲気と、美味しそうな料理は人気を集めそうです。

0556

ではビアマニア的にはどうでしょう。店には10タップの設備がありましたが、この日はオリジナルは1液種で、他はゲストビールでした。私のようなビアマニアを満足させる内容ではありませんでしたが、楽しそうに食事をしているお客さんの顔を見ると、これもアリだと思うのです。

2017年1月 8日 (日)

オホーツクビールで独り飲み放題Part2

2時間たっぷり飲んで旭川駅に戻ります。乗る列車は特別快速「きたみ」で、私には大雪ビールとの組合せが多いので、居眠り列車と化しています。発車を待たずに寝てしまい、いつもは上川で目覚めるのですが、今回は早朝の出発だったので、起きたのは白滝でした。あとは北見まで暖房が効いた車内でまどろみます。

0550

0551

北見へは定刻の18時36分着で、このままホテルへ入って、、というタイミングですが、もう一軒頑張ります。駅から徒歩15分ぐらいの場所にあるオホーツクビールさんへ雪道を歩いて行きます。内陸の北見は寒さが厳しく、その時期にビールとは酔狂だとは思いますが、店内は年末年始の仲間が集まった同窓会風のグループがあちこちで盛り上がっていて盛況です。私は一人なので隙間のテーブルに案内してもらい、今日2回目の「独り飲み放題2時間コース」です。

こちらでもしっかり飲んで、北見→網走の最終列車に乗って網走へ。もちろん車内では居眠りで、網走で乗務員さんに起こされてしまいました。

2017年1月 7日 (土)

大雪ビールで新年早々に独り飲み放題

比布へ往復して、それっぽい時間になりました(笑)。

0261_3

この日のメインイベントは旭川にある大雪ビールの訪問です。と、大袈裟に書きましたが大雪ビールは旭川駅から徒歩10分ぐらいの線路脇にあり、アクセスは簡単です。しかも旭川は汽車旅には要所で、乗換えで利用する機会が多いです。時間に余裕があるときには大雪ビールに立寄るというのが私のパターンです。おかげで北海道のクラフトビール巡りで、大雪ビールの訪問回数はダントツの1位です。

0262


古い倉庫を改装した店舗は雰囲気が良くてお気に入りです。ランチタイムなので地域の方が昼定食を注文していますが、私はもちろん「独り飲み放題2時間コース」です。大雪ビールは元日が休みだったので、この日が営業初日で、開店早々に入った私は大雪ビールにとって2017年の最初にビールを頼んだ客になったようです。

ビールの味についてはまぁまぁ。出来ればビールのラインナップに特徴が有って面白いビールスタイルがあれば嬉しいな、というのが何度も訪ねている私の正直な感想です。

2017年1月 2日 (月)

宗谷本線に向けてビールを調達する

2017年1月1日の汽車旅は旭川から始まりました。この日の予定は宗谷本線を乗り通して稚内まで行きます。この日の予定は下記の通り。乗換検索サイトジョルダンのテキスト出力です。
発着時間:12:31発 → 19:30着
所要時間:6時間59分
乗車時間:6時間24分
乗換回数:1回
総額:5,400円
距離:259.4km
■旭川    
|  宗谷本線(名寄行)   259.4km   
|  12:31-14:01[90分]
|  5,400円
◇名寄     [35分待ち]
|  宗谷本線(稚内行)   ↓   
|  14:36-19:30[294分]
|   ↓
■稚内
旭川から稚内まで7時間ほどの乗車時間ですが、普通列車にしても時間がかかりすぎますね。スーパー宗谷は3時間半ほどで運行されているのですから。時刻表を見ると名寄からの普通列車が音威子府で何と1時間半(15時38分着→17時07分発)もの長時間停車をするのです。

20170101_125516


長時間停車の是非はともかく、1月1日の宗谷本線の汽車旅の道中で飲食物を確保するのは不可能ということを以前からの経験で知っています。ならば出発地の旭川で調達しておくのが賢明です。幸いなことに高架になった新しい旭川駅に隣接するビルに大手スーパーのイオンが入っていて、お弁当やおにぎり、惣菜が豊富に並べれれているのはとても便利です。私は長旅に備えてビールを1パック(6本)を買いました。

ところで、車内持込のアルコール類に関して、それは危険物で持ち込めないのでないか??というのが話題になっていました。
http://railway.jr-central.co.jp/ticket-rule/_pdf/kiken.pdf
これを見ますと、酒類は持ち込み可ですが、「2kgまたは2リットル以内で、中身が漏れ出ないように十分保護されているものに限ります」。真面目に読むと500ml×6本=3リットルは持ち込めないのか???。私の場合はどうせ飲んでしまうんだし、一般の人でも1パック(6本)なら買い物帰りに車内に持込むことも有りでしょうから、まぁ黙認なんでしょうね。私はこの情報を見なかった、知らなかったことにします(笑)。

2012年3月23日 (金)

小樽ビールの札幌店

小樽の、小樽ビールのレストランでは定番ビールを飲んだものの季節限定のビールを飲み損ねました。今回の旅行では札幌に泊まったので、札幌市内にある小樽ビールのお店で飲むことにしました。

0018

場所は札幌中心地の繁華街、、、から1本入った場所。場所は決して悪くないので、札幌に泊まった際には気軽に行けます。周りはちと古いビルが多い場所にバブル期?のようなビルがあり、その中に小樽ビールのレストランがあります

0019

店の入り口の脇には常連さんのビールのジョッキを入れた棚がありました。様々な形のジョッキは見ているだけでも楽しいです。

0021

店の造りはごく普通です。今回は冬の訪問でしたけど、夏にはテラスで北海道では爽やかな空気の中で飲むのはよろしいでしょう。

それにしても出しているビールの美味しいこと!。定番のピルスナー、ヴァイツェン、ドンケルは安心して飲めるし、限定の「バンベルガー」ことスモーク系ラガーは口に含んだ後に広がるスモークのアロマと、ラガーの飲みやすさを両立させたとても素晴らしいラオホビールです。

ただ、私が訪ねた日、それが冬の平日であったとしても、ピーク時であろう時間に入って、私以外にお客さんが1組だけというのはさびしい限りです。ビールは美味いけど・・・というのはよくあるパターンですし、それ以上の悪しきパターンも知っています。そうならないように、親会社の「びっくりドンキー」さんのノウハウを生かして盛況にしていただきたいものです。

2012年3月22日 (木)

小樽ビール

毎年の2月下旬から春先にかけてフリー切符を持って北海道を訪ね、「ぐるぐる北海道」の汽車旅をしていたので、今年も行ってきました。

0007

まず訪ねたのは小樽。小樽といえば小樽ビール!というのは言うまでもないですが(笑)、小樽は古い建物が残っているので、建物を巡りの街歩きも楽しいのです。このような建物が小樽の街中に点在しています。

0008

このような古い建物が特に集中しているのが運河沿いのです。以前は倉庫として使われていた煉瓦造り石造りの建物が、今は改装されて飲食店などに使われています。その中心となっているのが小樽ビールのブルワリーとレストラン。この写真を撮ったのは観光案内所の前の撮影スポットで、寒い日にもかかわらず韓国?台湾?からの観光客の方たちがいっぱいで、賑やかな会話を楽しんでいました。

0009_2

その前に、運河沿いの建物の端にある店を眺めておきましょう。お店の名前は「びっくりドンキー」、ボリュームあるハンバーグやステーキを武器に全国展開をしているファミリーレストランチェーンですが、この会社が小樽ビールを運営しているのです。

0017

さて、小樽ビールの建物の中に入ってみましょう。石造りの倉庫を改装したビールレストランの店内は、わざと古臭いつくりにしています。

0016

私は店内に鎮座する釜を囲むカウンター席に座りました。シュタムティッシュ(常連席)と札が置かれていましたが、わざわざ東京から訪ねたということで勘弁していただきましょう。

0015

カウンター席から釜を見え上げるとこんなかんじ。ビール好きにはたまらないシーンです。ビールが進みます。

ただ、列車乗り継ぎの都合で、定番ビールだけで限定ものを飲めなかったのは、とても心残りでありました。これは後日に清算することにします。

続きを読む "小樽ビール" »

2012年1月30日 (月)

オホーツクビール

先日は北見市にあるオホーツクビールを訪ねました。北見に来たのはオホーツクビールを飲む!これが唯一の目的です。というよりここ数年はそれ以外の目的で来た事が無い。我ながら極端です。

014

北見はオホーツク海沿岸では有数の都市です。飲食店街もそれなりにありますが、オホーツクビールのブルワリー兼レストランは駅や飲食店街からやや外れた場所にあります。駅からは歩いて15分ぐらいですが、道路が凍てついているので、遠く感じられます。この日は北見のホテルに泊まる予定だったので、ホテルの大浴場で旅の汚れを落としてからの訪問になりました。

009

オホーツクビールを厳冬期に訪ねるのは、我ながら酔狂だと思う。雪化粧した建物を目の前にしていつも思うのは、爽やかな夏の頃に訪ねて、テラスで飲みたい!と。しかし今回も雪景色です。

011

冬に訪ねることばかりのオホーツクビールのレストランですが、いつも賑わっています。これは承知していましたが、今回は特に賑やかでした。どうやら地元高校の同窓会が行われていたようです。玄関先には「貸切」という危険な文字が・・・・。それでも入ります。訊ねれば2階席が用意出来るとのこと。これで一安心です。席の座ってまずはビールです。

1階のメインフロアを見下ろす形の2階席です。店員さんから「団体さんが入っていて、騒々しくて申し訳ない」とのお言葉ですが、ビアホールのようなオホーツクビールのレストランですから賑やかなのは大歓迎です。地元高校75期同窓会とのこと。地元の方にも使われるオホーツクビールなのですね。

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30