無料ブログはココログ

カテゴリー「汽車旅」の記事

2017年4月19日 (水)

海軍兵学校の見学

大和ミュージアムを見学した後はフェリーで江田島へ渡り、バスに乗り継いで旧日本海軍兵学校の見学へ。現在は会場自衛隊の幹部候補生学校と第一術科学校になっていますが、戦前では海軍の兵科将校を育成する学校で、当時の建物が多く残されています。映画などのロケに使われることも多く、近年ではNHKで放映された「坂の上の雲」での場面で多く使われました。エキストラで現役の自衛官も出演されたとか。
人気の観光施設で、見学コースが設定されているので参加しました。あいにくの天気、しかも平日なので見学者は少ないかなーと思っていたら、観光バスが到着して賑やかになりました。団体旅行のコースに組み入れられているみたい。団塊の世代は元気ですねー。

0142

90分の見学コースで、まずは入学式や卒業式が行われた大講堂の見学です。車寄せのある表玄関は来賓の皇族用で、一般の方は別な入口から入ります。

0143

中に入りますと意外にシンプルな講堂です。高い天井に声が響くように設計されているとか。ここで卒業生は成績順に名前を呼ばれます。上位者には来賓の皇族から恩賜の品が授与されます。

0144

次いで生徒館。赤煉瓦造りで、煉瓦はイギリスからの輸入品とのこと。現在でも海上自衛隊の生徒さんが使っています。

0145

そして教育参考館の見学です。この海軍兵学校を卒業して、活躍された先人たちのゆかりの品が展示されています。2.26事件で襲撃された当時の首相岡田啓介、戦前の首相と終戦時の海軍大臣の米内光政、太平洋戦争開戦時の連合艦隊司令長官の山本五十六、近代史に名を残した旧帝国海軍提督の全員がこの海軍兵学校の出身です。
他にも多くのスペースを使って戦争末期に特攻隊として出撃して、そして帰って来なかった隊員の遺書や遺品も多く展示されています。鎮魂の場でもある教育参考館の内部は撮影が禁止、脱帽が必須です。
あいにくの天気でしたが、とても充実した見学コースです。お勧めです。   

2017年4月18日 (火)

大和ミュージアムへ再び

広島ビアフェスタで大いに飲み、その日は広島市中心地のホテルに宿泊しました。翌日は広島電鉄の路面電車を撮影しようと思っていて、重い一眼レフカメラを持参していたのですが、あいにくの雨でした。予定を変更して呉市に向かい、ミュージアム巡りをすることにしました。

呉市のミュージアムといえば、大和ミュージアムこと呉市海事歴史博物館が有名で、以前にも訪ねたことがあるのですが、再度の訪問になりました。前回の記事はこちらこちらです。

0682

最大の見どころは愛称「大和ミュージアム」の由来になっている戦艦大和の模型でしょう。模型といっても1/10のスケールで、戦艦大和の全長が263メートルですから、模型の長さは26メートル!あります。本物のレジャーボートや小型漁船以上の大きさですね。ですから全体を画像に収めるには2階以上の回廊に上がる必要があります。この視線は大和を攻撃したアメリカ軍の飛行機そのものです。爆弾を抱えたヤンキーの飛行機乗りは、どんな気持ちで大和を見ていたのでしょうか。

大和だけでなく、第二次大戦で活躍した艦艇の模型も充実しています。機能美あふれる艦艇群を見ていると、戦争を賛美するというとは全く別な感想、、そろそろ100年前になりますが、当時の日本人が美しい艦艇を作り上げたことに感動します。




2017年4月17日 (月)

JR可部線の延長区間に乗車する

広島ビアフェスタは確かに魅力的ですが、東京から遠方の広島市まで行ったのには別な目的があります。それはJR可部線の延長区間に乗ることです。話が前後しましたが、広島ビアフェスタへ行く前に乗ってきました。

JR可部線は広島市の中心地に近い横川駅から郊外の可部駅を結ぶ14.0kmの路線でした。それが2017年3月4日に可部駅からあき亀山駅まで1.6km延長されたのです。日本の鉄道前線完乗のタイトルを保持するためには乗らなければならない線路が出来たのです。

ただ、この区間は以前に乗っているのです。というのは2003年12月に廃止になった区間が復活したのです。この区間を乗るべきかは、完乗系乗り鉄派の間で話題になりました。以前に乗ったことがあるから再び乗る必要は無いと主張される方もいましたが、大部分は「新しい線路が延びたのだから乗りに行かなきゃね。仕方ねぇなー」とニヤニヤしていました。要は乗りにいく口実を作っていたのです。

0671

今回は時間と費用の関係で成田空港→広島空港をLCCの春秋航空を使い、路線バスでJR白市駅に出て、可部線というルートを使いました。遠路はるばる訪ねてみたものの、乗るべき区間は1.6kmなので5分もかかりません。あっという間に乗り終えてあき亀山駅に到着です。

0670

駅舎は新しく建替えられました。どうやら以前の場所とは少し移動したようです。

0673

駅周辺には若い人向けの小規模なマンションやアパートが建ち並んでいました。その方が利用するのでしょう、駅には駐輪場が設置されています。どうやら駐輪場がかつての線路跡だったようです。

0674

その先には、かつてディーゼルカーが走っていた線路跡が残っていました。

0675

開業して間もないので、お試し乗車の家族連れの姿が見られました。可部線は大都市広島の通勤通学路線として好調なようです。JR西日本の新車も多く運用されています。

という訳で私にとって1.6kmとはいえ懸案事項であった可部線の延長区間に乗ることが出来ました。大いに満足して広島ビアフェスタの会場に向かいました。








2017年1月13日 (金)

函館本線のんびり汽車旅

登別地ビールを飲んで、今夜の宿になる函館へ向かいます。特急列車は外国人観光客で混んでいたので、今まで通りの鈍行列車の旅です。

0572

この区間は特急で通り過ぎることが多かったので、小さな駅に停まる車窓は新鮮です。↑↑画像は秘境駅として有名な小幌駅です。熱心な鉄道ファンが数人乗り降りしていました。私は車内でビールです(笑)。

0571


特急の数倍の時間がかかるので、長時間の乗車の楽しみは車内での飲食です。長万部では乗換えがあったで、名物のかにめしのお店へ。

20170104_174158

函館まであと少しの森駅では、やはり名物のいかめしを購入して旅のお供にします。


函館のホテルは、函館パークホテルです。設備は古いし、函館駅からビミョーに離れているけど、室内はきちんと整備されているし、従業員の応対も気持ち良いのでお気に入りで、いつの間にか私の函館の定番宿になっています。

20170105_090924


朝ビール(^.^)。冷蔵庫に入れていたら凍っていました。さすが北海道の冷蔵庫は冷えますねー(笑)。アイスボック状態で、かなり効きます。

2017年1月 9日 (月)

道東をぐるり

1月3日、網走の出発は06時41分です。夜明けの遅い冬なので、まだ薄暗いです。こんな時には駅前にあるコンビニが役に立ちます。駅近くのホテルで起きたばかりなので、眠気覚ましにプシュ(笑)。

0552

ガラガラだと思っていた釧網線は意外に混んでいました。乗客は15名ぐらいで、大きなスーツケースを持った外国人観光客の姿もチラホラ。オホーツク海と原生花園の景色を楽しんだ後の知床斜里では更に20名ぐらいの外国人観光客が乗ってきて、車内は賑やかになってきました。小柄なキハ54では混雑気味で、川湯温泉、摩周でも乗車があり、釧路湿原沿いに走る頃には、車内は大混雑です。正月休みに海外からの観光客が加わる時期ですから増結できなかったのかなーと思ってしまいます。

釧路からは外国人観光客は特急に乗るみたいで、釧路から帯広までの普通列車はキハ40のボックスに1人ずつぐらいの乗車率です。3時間強の乗車時間なので、出来れば進行方向の席を確保したいところ。しかし空いているボックスは無く、鞄が小さい地元の方のような方のボックスに入ることにしました。発車して数駅、ふとその方の胸ポケットを見ると青春18きっぷが入っていました。失敗です(笑)。

20170103_121006

さて肝心のビールですが、釧網線から根室本線への乗換え時間が8分しかなかったので、釧路では買えませんでした。もちろん途中で燃料切れです。幸いなことに根室本線は単線で、しかもローカル普通列車は行違いや特急列車の通過待ちで停車時間があります。以前に浦幌駅前で買った覚えがあり、今回も10分ほどの停車時間が有ったのでしめしめと思って駅前に出てみたものの、目当ての店は正月休みでした(涙)。次いでの新吉野でも停車時間があり、駄目モトで駅前に出てみれば何でも屋が営業中でした。突然入ってきた私に店番のオバチャンはびっくりして、冷えていないけど良いですかー?と恐縮されてしまいましたが、見事に2本確保出来ました。さっそくプシュ。同じボックスの胸ポケット氏から冷たい視線をいただきましたが、それに耐える事が出来なければ飲み鉄は出来ません。


私はビール党なので池田のワイン城はスルーして帯広へ到着しました。ここで18きっぷの旅を中断します。本来の予定では根室本線をそのまま進み富良野経由で滝川に抜けるつもりだったのですが、昨年秋の水害で普通になっているのは皆さんもご存知の通りで、帯広で接続する特急列車に乗ることにしました。それが大混雑でした。デッキも満員で、ゴメンナサーイと声を掛けて何とか車内に入りましたが、もちろん立ちんぼです。特急車両は窓が低いので外の景色も見えづらく、南千歳までは忍耐の時間です。南千歳で千歳空港からの快速エアポートに乗換えましたが、こちらも満席で立ちんぼ。1駅だけ乗って千歳で札幌方面への普通列車に乗換えたらやっと座れました。やれやれです。

2017年1月 8日 (日)

オホーツクビールで独り飲み放題Part2

2時間たっぷり飲んで旭川駅に戻ります。乗る列車は特別快速「きたみ」で、私には大雪ビールとの組合せが多いので、居眠り列車と化しています。発車を待たずに寝てしまい、いつもは上川で目覚めるのですが、今回は早朝の出発だったので、起きたのは白滝でした。あとは北見まで暖房が効いた車内でまどろみます。

0550

0551

北見へは定刻の18時36分着で、このままホテルへ入って、、というタイミングですが、もう一軒頑張ります。駅から徒歩15分ぐらいの場所にあるオホーツクビールさんへ雪道を歩いて行きます。内陸の北見は寒さが厳しく、その時期にビールとは酔狂だとは思いますが、店内は年末年始の仲間が集まった同窓会風のグループがあちこちで盛り上がっていて盛況です。私は一人なので隙間のテーブルに案内してもらい、今日2回目の「独り飲み放題2時間コース」です。

こちらでもしっかり飲んで、北見→網走の最終列車に乗って網走へ。もちろん車内では居眠りで、網走で乗務員さんに起こされてしまいました。

2017年1月 7日 (土)

大雪ビールで新年早々に独り飲み放題

比布へ往復して、それっぽい時間になりました(笑)。

0261_3

この日のメインイベントは旭川にある大雪ビールの訪問です。と、大袈裟に書きましたが大雪ビールは旭川駅から徒歩10分ぐらいの線路脇にあり、アクセスは簡単です。しかも旭川は汽車旅には要所で、乗換えで利用する機会が多いです。時間に余裕があるときには大雪ビールに立寄るというのが私のパターンです。おかげで北海道のクラフトビール巡りで、大雪ビールの訪問回数はダントツの1位です。

0262


古い倉庫を改装した店舗は雰囲気が良くてお気に入りです。ランチタイムなので地域の方が昼定食を注文していますが、私はもちろん「独り飲み放題2時間コース」です。大雪ビールは元日が休みだったので、この日が営業初日で、開店早々に入った私は大雪ビールにとって2017年の最初にビールを頼んだ客になったようです。

ビールの味についてはまぁまぁ。出来ればビールのラインナップに特徴が有って面白いビールスタイルがあれば嬉しいな、というのが何度も訪ねている私の正直な感想です。

2017年1月 6日 (金)

ピップエレキバンの比布

さて、旭川には10時28分に定時に到着してしまいました。次の乗継ぎは15時03分の特別快速「きたみ」で、4時間半ととても中途半端に時間があって持て余します。時間調整でチョイ乗りをすることにしました。旭川で隣のホームで発車を待っていた比布ゆきのローカル列車に乗車します。

0259

0260_2

比布は、ピップエレキバンのコマーシャルのロケ地に起用されたので、ある年齢以上の世代にはとても有名な駅です。ロケに使われた国鉄仕様の駅名標はJR仕様になり、駅舎は建替えられたようですが、当時の盛り上がりを紹介する掲示が駅舎内にありました。

2017年1月 5日 (木)

稚内から折り返し

翌日の稚内発は早朝というより未明の05時14分発の旭川行きです。
以前には06時台にも上りの普通列車が設定されていました。かつて06時頃の稚内には札幌からの夜行列車が到着して、利尻島や礼文島へのフェリーが出航する、駅そば屋が早朝から営業して旅人だけでなくタクシーの運転手さんが利用しているという、稚内駅で最も賑やかな時間帯でした。

0254

添付した画像は2008年02月18日で、旧稚内駅で営業していた“日本最北”の駅蕎麦店です。同じく待合室で駅売店が営業していて、日本最北の駅売店だよねと売り子のオバチャンと馬鹿話をしたのは懐かしい思い出です。

0549

0547

0548

それが本数削減の影響を受けて、稚内駅から発車する普通列車は05時14分発になってしまいました。次の普通列車の発車は10時52分です。ホテルでゆっくりして遅めの出発という選択肢もあったのですが、次の予定が有ったので、未明の稚内発になりました。頼みの綱の駅のコンビニも営業前で、私にしては珍しくホームの自動販売機でコーヒーを買って、誰もが撮るありがちな画像を取って出発です。

稚内を未明に出発して暫くは暗闇の中を走ります。宗谷北線の運転本数が少ないので、交換待ちもなく、列車は淡々と進んでいきます。正月なので日の出は遅く、外の景色が見られるようになったのは出発して2時間ほどの問寒別を過ぎて天塩中川あたりからでした。それでも佐久や筬島あたりの天塩川の流れを堪能出来たのは良しとしましょう。

行きの名寄→稚内にあった音威子府の長時間停車も無く、6分ほどで発車して、08時43分に名寄に到着してしまいました。時刻表上ではこのまま旭川まで直行するようですが、名寄で今までキハ54の1両からキハ40の2両に乗換えになるみたい。乗換えは面倒だなーと思いつつ、ワンマン運転なので出入りが少ない2両目に乗ってガラガラのボックスシートに収まれば快適です。それでも塩狩峠を越えて旭川に近づいてくると、お客さんが増えてきました。身なりや雰囲気から正月休みを使っての旭川への買い物客みたいです。立ち客が出るぐらいの混雑で、帝国に旭川に到着です。

2017年1月 4日 (水)

宗谷北線

名寄で燃料補給して、宗谷本線の旅を続けます。私は名寄から先の、いわゆる宗谷北線の景色が大好きで、何度も乗っています。
よく「日本の路線でお勧めは何処ですか」と尋ねられます。答えに窮する問いで、あれこれ推薦しますが、その点では、宗谷本線の北側の区間、いわゆる宗谷北線は勧めてもハズレが無い路線のひとつです。北海道らしい広々とした牧場、原野、佐久あたりの天塩川の流れ、音威子府や雄信内といったアイヌ語由来の駅名、兜沼周辺の絶望するような最果て感、名前の通り抜海から海越しに眺める利尻富士、やっとやっとの稚内の灯りを見たときには、多くの旅人たちがたどり着いたというの達成感を感じるのです。

0018

Photo

Photo_2

と大袈裟な前置きを長くしましたが、私の乗った稚内ゆきの1両のディーゼルカーは出発しました。天気は良く温かな陽射しが差し込んできます。居眠りしたいところですが、せっかくの宗谷北線の車窓を見逃すわけにはいきません。変化に富む車窓だけでなく、宗谷北線の駅の駅舎はバラエティに富んでいます。特急が止まる美深や音威子府は立派な駅舎を構えていますし、ローカル駅は不要になった車掌車を使った「ダルマ駅」もある。ユニークさではプレハブの物置を使った糠南でしょう。

0544

0545

話がたびたび前後しますが、私が乗った名寄→稚内の普通列車は音威子府で1時間半ほどの長時間停車をします。既に補給は済ませているので、寒い車外に出る理由はありません。音威子府に到着してすぐはお約束の写真撮影をして、駅舎の中にある天北線の資料館を眺めても、10分もすれば暖かい車内に戻ってしまいます。あとはプシュしかないですね(笑)。

0546

この日は徹夜明けだったので、いつの間にか居眠りしていました。目が覚めたら天塩中川まで進んでいました。日が落ちてすっかり暗くなった車窓は遠くに点々と灯りが見えるだけですが、天塩中川から稚内までほぼ2時間かかるのです。時刻表の路線図ではデフォルメされているので、距離感覚がいまひとつ掴めないですね。

私が乗った稚内行きは19時30分に到着しました。今夜の宿はビジネスホテルのドーミーイン稚内で、稚内駅から徒歩5分ぐらいです。普段なら赤提灯に引かれて居酒屋で一献するところですが、此処は最果ての街の稚内、しかも1月1日ですからホテル周囲の居酒屋は全て閉まっていました。この状況は以前から知っていたので、大手チェーンのドラッグストアの店に足を運びましたが、ここも正月休みでした。数年前では営業していたのですがーーー。

稚内駅に戻って駅に隣接しているコンビニで、お握りや惣菜を買って今晩の食事にします。同じような考えの方が購入されたようで品薄です。その点では缶ビールは供給と在庫が安定しているようで、カップラーメンと缶ビールを購入して、ホテルの部屋で食べることにしました。一年の計は元旦に有り、と言われますが、稚内まで来て何をやっているのでしょうね。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31