無料ブログはココログ

カテゴリー「ドイツ・フランクフルト旅行」の記事

2014年1月 1日 (水)

元日のフランクフルト旧市街

フランクフルト旧市街の広場にやってきました。広場の中央に植えられた木にはクリスマスの飾り付けがされていました。日本ではクリスマスが終わるとさっさと片付けて正月飾りに模様替えしますが、こちらは余韻を楽しんでるようです。

355

出発前にドイツに詳しい方にドイツの正月について尋ねたら、元旦は多くの店が休みなので、駅や空港で食事をせざるを得ない・・・・。実際のところフランクフルト旧市街の広場とその周辺では多くの店が営業していました。観光地だからでしょうね。

351_2

トラムを乗り歩いていると、派手な塗装の古い車両が運転しているのを発見しました。フランクフルトのトラムは低床車両に統一され、古い車両は観光客相手のクルージングトレインとしてつかわれているようです。これはフランクフルトに限らず他の都市でもよくあるパターンですが、フランクフルトが面白いのは、当地の名物であるリンゴ酒を車内で飲める「リンゴ酒電車」として運転されていることでした。

360

車内では、リンゴ酒を飲んで御機嫌の乗客でいっぱいです。どうやって乗れば良いのか解らなかったので割愛してしまいましたが、やはり乗れば良かったと今になって後悔しています。









フランクフルト乗り歩き

フランクフルト中央駅に到着して、早速トラムで街歩きします。

339

駅前の電停には複数の系統が乗り入れてくるので、次から次へとやってきますが、初めての街ではどの系統に乗っていいのか解りません、、、というより何処へ行くという目的が無いので、適当に乗ることに。

340

ガイドブック頼りで旧市街へ向かいます。2つ3つ進んだ電停に見覚えがあるオブジェが見えてきました。フランクフルトは欧州ユーロを統括する欧州中央銀行の本店が有るのです。

999

旧市街の中央広場最寄の電停です。古い建物の渡り廊下の下をトラムが走り抜けてゆきます。

フランクフルト中央駅

成田からのルフトハンザ航空は無事にフランクフルト空港に到着しました。機内ではWi-Fi接続のサービスがあり(←有料らしい)、普段から音楽を聴いたり映画を鑑賞したりする趣味の無い私には格好の暇つぶしになります。

329

この日の予定はベルリンに宿泊ですが、乗継時間を活用してフランクフルトの街歩きを楽しむことにしました。フランクフルト中央駅まではSバーン(ドイツ都市の普通の電車)で15分ぐらいです。ターミナルビルの地下から発着しているので便利です。中央駅までの往復と市内の1日券がセットになったきっぷは8.50ユーロ。ホームへの階段付近にある自動販売機で購入します。

335

フランクフルト空港がドイツを代表するハブ空港で、ドイツ国内だけでなくヨーロッパ各地からの航路が集まってくるのと同様に、フランクフルト中央駅とその周辺の鉄道施設はドイツの鉄道網の要所で、進むに連れてあちこちから線路が集まり、様々な鉄道施設が広がり、車庫で休憩する車両の姿が目立ってきます。

337

到着したフランクフルト中央駅は大規模で、ヨーロッパの主要駅らしい鉄骨ドームの雰囲気に、鉄道ファンややられてしまうのです、とりあえず駅のスタンドで軽く食事してから街歩きへ出発します。

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30