無料ブログはココログ

« 【台湾】南廻線普快の旧型客車 | トップページ | 【温泉】小川原駅前の姉戸川温泉 »

2019年8月17日 (土)

【台湾】1列車は観光列車

旧型客車の旅行を終え、この日の予定は台北まで一気に北上してます。すぐに接続する太魯閣号や普悠瑪号に乗れば4時間程度で到着しますが、台湾に来て日本製の電車に乗っても面白くないので、古めの客車で構成されているキョ光号に乗りたいと思います。台北まで6時間弱かかりますが、この日の予定は深夜便で帰国するだけなので、ゆったり汽車旅を味わいたいと思って予約しました。

ところで、私が予約した台東14時10分→19時52分台北の莒光号の列車番号は1列車です。1列車や1M、1Dといえば日本では代表列車です。恐らく他の国でもそうでしょう。どのような車両で運用されているのか??ワクワクです。

012

1列車キョ光号の切符です。右上に1次(1列車の意味)の印字があります。

3529

台東駅改札口に掲げられた行き先表示です。もちろん1列車を示す「1」の表示があります。

3528

台湾の1列車のダイヤを見たら朝に台北を出発して反時計回りに台湾を1周する長距離列車です。台湾の名門列車かと意気揚々と乗ったら観光周遊列車でした。観光会社とタイアップした派手なラッピングの3列シートの車両と食堂車が4両連結されています。私が乗った一般車両は3両のオマケ的な付属編成でした。それでも日本の20系や14系客車を思い出させる走りは、日本の鉄道ファンには魅力的です。

« 【台湾】南廻線普快の旧型客車 | トップページ | 【温泉】小川原駅前の姉戸川温泉 »

台湾鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【台湾】南廻線普快の旧型客車 | トップページ | 【温泉】小川原駅前の姉戸川温泉 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31