無料ブログはココログ

« 【スペイン】可変ゲージを体験と車窓の変化 | トップページ | 【スペイン】ビルバオのトラム »

2019年4月10日 (水)

【スペイン】ビスカヤ橋

マドリッドから5時間の長旅を経てビルバオを訪ねました。

ビルバオはスペイン北部、ビスケー湾から大西洋に通じる人口35万人ほどの港湾都市あるとともに、スペインの中の異国といわれるバスク地方の中心都市でもあります。そのバスク地方の文化に触れながら街歩きを楽しむが今回の訪問の主要テーマでした、、、というのは口実で、ビスカヤ橋を渡るのが目的でした。

Dsc_0242

 

ビルバオでは市街地を流れる河川沿いに製鉄や造船業が栄え、最も河口に位置するビスカヤ橋は大型船舶の航行を阻害しないように運搬橋という珍しい形式とりました。1893年に建設されたビスカヤ橋は100年を経て2006年に世界遺産に登録されました。

3338
古めかしい鉄骨で組まれた、やたらと高い橋が架けられています。高さは約40メートル。そこをワイヤーロープでゴンドラを吊下げた台車が走る構造です。

3337
こちらが吊られているゴンドラです。6台の自動車と数台のバイク、そして最大300人の人員を運ぶことが出来ます。乗車時間は約2分で、夜通し24時間、8分ごとに行き来しています。
3334
両岸に小さな売店を備えた駅舎?があり、自動販売機でチケットを購入して自動改札を通過して乗車します。運賃は片道0.45ユーロ。出発時間が近づくと、ドアと柵が閉じられ、動き出します。

3339
こちらが徒歩客の車内。シートは無く廊下のようです。到着すると廊下を通り抜けように、下車します。
で、何が面白いの?、と多くの方は思うでしょう。でも私には面白くて、何度も往復してしまいました。地元の方が殆どですが、観光客向けに橋の上部も通れるアトラクションがありますが、まだ観光シーズンには早かったみたいで、この日は営業していませんでした。残念。

« 【スペイン】可変ゲージを体験と車窓の変化 | トップページ | 【スペイン】ビルバオのトラム »

橋が好き」カテゴリの記事

スペイン鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【スペイン】可変ゲージを体験と車窓の変化 | トップページ | 【スペイン】ビルバオのトラム »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31