無料ブログはココログ

« 【ポルトガル】トラムの名所でビール | トップページ | 【スペイン】特急列車 »

2019年4月26日 (金)

【ポルトガル】カスカイルへの近郊電車は旧型車両?

「ここに地終わり海始まる」とポルトガルの詩人が詠んだロカ岬、極東の日本からユーラシア大陸の西の果てを訪ねた感慨を持ったままカスカイルへ。テージョ河の河口と大西洋に面したポルトガルのリゾート地であるとともに、首都リスボンへ30分ほどの通勤エリアでもあり、近郊電車が15分間隔で運転されています。

3390

こちらはカスカイル駅の改札口付近です。駅舎にコンビニ風のスーパーが入っていて、軽食やジュースを買うことが出来ます。もちろん私はビールです。

カスカイル駅のトイレは無料でした。

3395

この路線はテージョ河沿いの景色はとても良しですが、、、使われている電車が怪しいのです。空調設備を乗せたステンレス車体、FRP成型のような正面スタイルは現代の電車ですが、リスボン側(テージョ河の川上側)の「クハ」の車体台枠には補強用のトラスバーが付けられているのです。前回訪問した際にも疑問に思って鉄道系の掲示板でお尋ねしたら、旧型車両が更新を重ねて現在に至っている、という趣旨のツリーが形成されました。

3392_20191216043601

私は今回は中間車の「モハ」に乗車しましたが、当然ながらツリカケ駆動でした。

車内も更新されていて、路線バス風の座席が装備されていました。肝心の車窓は落書きだらけでよく見えません。残念。それでもリスボンのテージョ河の河口にある多くの歴史的なモニュメントや観光地を車窓から眺めることが出来るので、30分ほどの乗車時間でしたが、大いに楽しめました。

« 【ポルトガル】トラムの名所でビール | トップページ | 【スペイン】特急列車 »

ポルトガル鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ポルトガル】トラムの名所でビール | トップページ | 【スペイン】特急列車 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29