無料ブログはココログ

« 【スペイン】ビルバオのホステルは巡礼宿 | トップページ | 【スペイン】マドリッドの市場巡りと食べ歩き »

2019年4月13日 (土)

【スペイン】ビルバオからマドリッドへ

ビルバオのビルカヤ橋で朝の散歩を楽しんでからビルバオ駅へ。この日はマドリッドへの移動日です。

 

Dsc_0278
ビルバオ駅はバスク地方を代表する駅で、構えも立派です。大きなステンドグラスが旅人を迎え、送り出しています。この画像には写っていませんが、右側に小規模なスーパーがあり、朝食替わりの調理パンやドリンクを購入できます。もちろんビールも(笑)。

3359
マドリッドへの列車は、ビルバオへ来た同じ系列の車両で、スペイン鉄道のS-120という形式です。マドリッドまで5時間の汽車旅です。可変ゲージの車両で、マドリッドに近づくと高速鉄道区間に乗入れます。

Dsc_0279
隣のホームには機関車1両に客車1両の短い列車が止まっていました。バスク地方のローカル列車かと思いましたが、後日調べたら20分後に発車するマドリッド方面へのInter Cityでした。こちらにすれば良かったなぁ。

Dsc_0283
さて私が乗ったマドリッド行きの特急列車は、最初の40分ほどはビルバオ近郊列車の区間を走り、小さな駅を通過します。駅名標にはスペイン語とバスク語が併記されています。坂が強くなり、近郊列車の運行区間が終わり谷間の平地が尽きると、高原地帯への登り坂になります。この景色が素晴らしいことは行きでも感じていましたが、この列車の窓は清掃されていたので、座ったままで堪能できました。

Dsc_0290
マドリッド行きの特急列車S-120系は4両編成で出発し、ビルバオから1時間半のMiranda de Ebro駅でもう1編成増結するために15分ほど停車します。これ幸いに車外に飛び出して撮影です。

Dsc_0292
ビルバオからの汽車旅を楽しみ、マドリッド・アトーチャ駅へ到着しました。隣には別系列の特急車両が止まっています。別なホームには近郊列車が発着していました。ホームに残って、それらの車両を眺めていました。

« 【スペイン】ビルバオのホステルは巡礼宿 | トップページ | 【スペイン】マドリッドの市場巡りと食べ歩き »

スペイン鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【スペイン】ビルバオのホステルは巡礼宿 | トップページ | 【スペイン】マドリッドの市場巡りと食べ歩き »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31