無料ブログはココログ

« 【ポルトガル】ロカ岬へ | トップページ | 【ポルトガル】パルケ駅 »

2019年4月20日 (土)

【ポルトガル】リスボンのアルマダ地区のトラム

リスボンは坂が多い街で中心地の交通は混雑気味です。そこで注目されているのはテージョ河の対岸のアルマダ地区で、10分から15分ぐらいの間隔で運行されているフェリーで10分の至近距離です。フェリーで通勤する方が増えているとのこと。

3402

対岸のアルマダ地区側のフェリーターミナル接続する形でトラムが2008年に整備されました。Y字形の路線網で停留所の数は19、営業キロ数は解りませんが20km程度でしょう。規模は大きくないですが、起点のフェリーターミナルから1系統と3系統がそれぞれ10分毎に発車するので、活気があります。

3401 3398

 

使われている車両は4車体4台車の低床車両で統一されています。リスボン中心地側の「味のある車両」ではなく、趣味的には面白くないですが、4線有るトラムのターミナルから2系統それぞれが10分間隔で頻繁に発車している様子を見ていると、とても頼もしく思います。

« 【ポルトガル】ロカ岬へ | トップページ | 【ポルトガル】パルケ駅 »

ポルトガル鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ポルトガル】ロカ岬へ | トップページ | 【ポルトガル】パルケ駅 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29