無料ブログはココログ

« 【イギリス】マン島へのフェリー | トップページ

2018年7月10日 (火)

【イギリス】Isle of Man Steam Railway

マン島は2輪のレースで有名ですが、保存鉄道がいっぱい走っていて、鉄分も豊富です。到着初日に訪ねたのは、マン島蒸気機関車Isle of Man Steam Railwayです。フェリーが発着するマン島の玄関口ダグラスから南部のポート・エリンPort Erinを1時間ぐらいで結んでいます。路線長は15.5マイル(24.9km)で約1時間で、軌間は3フィート(約914mm)で、マン島の他の鉄道でも採用されているマン島の標準軌です。

0427

0426

0424

ダグラス駅の駅舎は小ぶりですが、鉄道華やかりし頃の面影を留めた立派なものです。

0431

0430

私が乗ったのは15時50分のポートエリン行き。夏休み前の平日だったので、4往復の運転で、この日の最終列車でした。12号機関車が4両の客車をけん引してポートエリンを目指します。途中のキャッスルタウンで交換するダイヤです。帰ってくる列車は無いので、帰りはバスを使う予定です。

0433

沿線の風景はこんな感じで、汽笛を鳴らしながらの列車からはゆっくりと景色が移っていきます。

0434

途中のキャッスルタウンで上下列車が交換します。1日4往復の列車ダイヤですが、この時ばかりは賑わいを見せます。

0435

0436

終点のポートエリン駅に到着。この日の運行は終了なので、機関車と客車それぞれを車庫に収める入替作業が行われました。小さな蒸気機関車が行ったりきたり、それを見るだけでも終点まで来た甲斐がありました。

0439

鉄道の運行が終了してしまったので、帰りは路線バスです。こちらの車窓も良い。時には海岸線を走り、時には海岸段丘の上を走りと変化に富んでいます。しかもレースが盛んなマン島らしく??かなり飛ばします。往復で変化を付けるにはお勧めのバス路線です。ちなみにマン島ではバスなどの運営を「マン島交通公社」というような組織が一括管理していて、1日乗車券を購入すると、バスだけでなく蒸気鉄道、後に紹介する電気軌道、登山電車、そして馬車鉄道にも乗れます。

« 【イギリス】マン島へのフェリー | トップページ

イギリス鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/67495546

この記事へのトラックバック一覧です: 【イギリス】Isle of Man Steam Railway:

« 【イギリス】マン島へのフェリー | トップページ

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31