無料ブログはココログ

« 乗継ぎを利用して香港へ | トップページ

2018年6月18日 (月)

香港の二階建てトラム

香港には、日本で言う地下鉄、路線バス、水上バスの路線網が充実していて、香港での移動は便利です。しかも東京のSuicaと同じく、交通系ICカードの「オクトパスカード」が普及していて、乗車時下車時にタッチすれば決済完了です。

でも鉄ちゃん的な視点では香港島側にある路面電車は見逃す訳にはいきません。トラム、ライトレール、路面電車、全世界で走っていますが、香港のトラムは特徴ありまくりです。

0290


2軸単車
二階建て
トロリーポール集電

これらの単語を聞いただけで、鉄道ファンの血圧は上がるでしょう(笑)。私も空港から着いて、路上に立った時に、次から次へとやってくるトラムに卒倒しそうになりました。運賃は2.3香港ドル(日本円で40円ぐらい)と格安で、地元の人もちょい乗りで使っています。もちろんオクトパスカードも使えます。

さて、肝心の二階建てトラム、両運転台仕様ですが、線路の終端ではループになっているので、後ろの運転台は通常は使われていません。軌間は3フィート6インチ(1067ミリ)、架線電圧は550Vとのことです。

0301


香港トラムは2階建の単車が基本です。観光用に2階がオープンのものもあります。

0307


車両は多くの形式があるみたいですが、大きく分けて2つ。更新車と未更新車です。更新車両はカルダン駆動でVVVF制御、未更新車はツリカケ駆動です。殆ど全ての車両が広告車両になっているので解りづらいですが、正面の行き先表示がLEDなのが更新車、幕式なのが未更新車のようです。

2628

0291

2階の最前席は展望席です。更新車は2+1の前向きのシート、未更新車は横向きのロングシートのようです。

2650


最前列で香港の夜景を楽しんでいる「オッサン」((笑)の画像を添付しておきます。

« 乗継ぎを利用して香港へ | トップページ

香港鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/66952576

この記事へのトラックバック一覧です: 香港の二階建てトラム:

« 乗継ぎを利用して香港へ | トップページ

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31