無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年3月の3件の記事

2018年3月27日 (火)

さらば木曽路ビール

里武士さんにふられた翌日は木曽路ビールさんへ。同じ長野県とはいえかなり離れています。長野駅前のホテルで朝食を取ってから現地へ行ったらランチタイムでした。

いきなり余談ですが、長野県の南西部にある木曽路ビールさんは、県庁がある長野市より愛知県名古屋市の方が近いです。長野県の軽井沢で長野県のビールを集めたイベントに参加した木曽路ビールさんが「遠かった」と言っていたのが印象的でした。

0115

木曽路ビールさんはホテル木曽路さんが運営されているブルワリーですが、館内リニューアルに伴って廃業が発表されました。木曽路ビールを取り扱っていたあちこちのビールの店でお別れイベントが開催されましたが、自称「ビール巡礼家」としては現地で飲んで別れをしたいと思います。

0185

木曽路ビールはホテル木曽路に併設されたレストランBarley Houseで飲むことが出来ます。温泉施設の入浴料込みですが、ランチバイキングで2300円という値段設定はかなり強気だと思います。しかもビールは別料金(グラス600円、ジョッキ800円)、、、と言っても今では仕方ないですね。

0177

レストランBarley Houseからは醸造所を見ることが出来ます。以前に醸造所に案内したことを思い出しました。

0172

私が初めて木曽路ビールを訪ねたのは、、いつかは忘れましたが、、記録の残っているのは2010年03月28日で、ちょうど8年前でした。それから木曽路ビール訪問が続きます。東日本大震災のチャリティイベント協力していただいたり、と思い出がいっぱいあります。木曽路ビールが私が関わったビール品評会で受賞した際の記念プレートが飾られていました。このプレート、私が用意しました。

先代のブルワー加地さんがY.Marketさんに移籍して足が遠のいきましたが、良い意味ですっきりした味わいの木曽路ビールが無くなってしまうのは、本当に残念に思います。

0112

木曽路ビールでは売店でのお土産用の缶ビールも人気でした。営業日残り数日には閉店セールが行われ、通常の半額で売られていました。1本200円で日本製の普通の缶ビールより安いのです。もちろん私は爆買いをしてしまいました。

2018年3月26日 (月)

里武士さんにふられる

志賀高原ビールの後は野沢温泉の里武士さんへハシゴします。

この移動を公共交通機関で行くにはかなり面倒です。クルマで行けばすぐ近くなのですが、鉄道ですと長野駅まで戻って、飯山駅へ行き、バスに乗換えです。V字のコースなので、時間がかかります。

2年前は長野電鉄で信州中野まで戻り、路線バスで木島へ行き(廃止された木島線の代替バス路線です)、木島から飯山まで路線バスに乗り、さらに乗換て、野沢温泉に到着でした。時間的は早かったのですが、乗換が多くて、やはり面倒です。

昨年、志賀高原のスキー場と、同じくスキー場がある野沢温泉を結ぶスキーバスが運行されているのを発見しました。今回もそれを使います。ただ私が訪ねた3月最後の日曜日はスキーシーズンも終盤で、乗客は私1人でした。運転手さんに「野沢温泉まで」と告げて、車内で熟睡です。

0239

野沢温泉のバスターミナルから、野沢温泉のシンボル的な存在である大湯までは徒歩で5分ぐらい。夕方になりかけていたので、早めにスキーを切り上げた人たちが街歩きを楽しんでいます。

0240

私はもちろん里武士さんのタップルームへ。立派な表示が追加されていました。

しかし!、タップルームは臨時休業でした。

春スキー時期の日曜日に休業なんて!とブツブツ言っても仕方ないです。帰りのバスまで時間が出来てしまったので、外湯巡りをすることにしました。大湯は混雑しているので、他の外湯を2軒ハシゴです。野沢温泉は硫黄香が強く、湯上りにはすっかり硫黄臭いオッサンが出来上がってしまいました(笑)。


2018年3月25日 (日)

志賀高原ビール

早春恒例にしている信州ビール巡り。2018年も行ってきました。

0232


志賀高原ビールまでは長野電鉄を使います。特急が先に発車するので乗ってみました。小田急ロマンスカーのお古ですが、ロマンスカー伝統の展望席があり、景色を眺めながらの乗車になりました。

0155

0156

志賀高原ビールの玉村本店を訪ねるのは3回目なので、行き方は解っています。渋温泉方面の上林温泉ゆきの路線バスに乗って15分ぐらい、「沓野」というバス停で降りれば良い。

0162

この日は2タップがつながっていました。たまたま樽の切り替えがあり、合わせて3パイント飲んでしまい、昼間から出来あがりです(笑)。

0163

バスの時間まで時間があったので、志賀高原ビール(玉村本店)の直営ビアバー・レストランTHE FARMHOUSEを紹介していただき、そちらで遅めのランチを取ることにしました。玉村本店から歩いて15分ほど。先ほど乗ったバスの終点、上林温泉のバス停の真ん前です。温泉に入る猿Snow monkeyがいる地獄谷野猿公苑もすぐ近くです。

このビアバー・レストランの建物がとても雰囲気良いです。昭和初期の木造洋風建築で、東京の目黒から移築したものだそうです。志賀高原ビールが常に10種類以上つながっているとのことで、食事も一緒に、という方はこちらの方が良いでしょう。

0248

カウンター席を仕切っていた女性が話し上手でとても魅力的でした。さすがに顔出しはNGでしょうから、作業中の後姿を(笑)紹介しましょう。このお店、また行きたいです。






« 2017年12月 | トップページ | 2018年6月 »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31