無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ | 2018年3月 »

2017年12月の3件の記事

2017年12月19日 (火)

ボイジャーブルーイング

ナギサビールさんとボイジャーブルーイングさんは地元の明光交通バスで1本で行けるので、ハシゴするにはちょうどいいです。

さて紀伊田辺駅からボイジャーブルーイングさんへは、前回は炎天下を30分ぐらい歩きました。出来れば避けたい、でもタクシー代を奮発するのも避けたい、、という訳で事前調査と現地の観光案内所での情報を合わせた結果、龍神自動車交通(龍神バス)のみなべ線南部駅行きに乗れば良いみたい。1日9本の運転ですが、ラッキーなことに10分後に発車するみたいで、これ幸いに利用することにしました。

観光案内所の案内嬢によれば「明洋前」のバス停で降りれば良いとのことでしたが、運転士さんによれば一つ手前の「〇〇〇←名前失念」で降りれば良いとのこと。いずれにしても紀伊田辺駅から5分ぐらいです。運賃も200円ぐらい。

バス停から少し歩いて、JRのガード抜けて、目印のNISSANの販売店を左折すればボイジャーブルーイングさんへはもうすぐです。

0138

数か月に訪ねているので、店の佇まいは変わっていません。違うのは、前回は飛び込みで自分の身分を明かさずに話をしていたのですが、その後に仕事上のお付き合いが出来たので、今回は事前に連絡しての訪問になりました。もちろん到着直後からビール談義です。

前回はGoldとCopperの2種類だけでしたが、今回はIPAが加わっています。それを飲みに来た!というのは名目で、私は好みの醸造所があればどんな遠距離、行きづらい場所でも通ってしまうという質で、それが前回から半年足らずの再訪の理由です。

0137

期待通りIPAは美味しかった。以前からある銘柄のGoldとCopperも良し。パンチが効いていないのはボイジャーブルーイングのキャラクターと理解したい。田辺市という大阪エリアから中途半端に離れているので販路開拓に苦労しているようですが、今後に要注目のブルワリーであることは間違いないでしょう。



2017年12月18日 (月)

ナギサビール

Y.Marketさんに寄った日は和歌山に泊まり、ボイジャーブルーイングさんとナギサビールさんへ。

0130

和歌山に泊まったおかげで朝はゆっくりです。ホテルでしっかり朝食をとってからの、和歌山からは2時間ほどの汽車旅です。居眠りをする時間帯ですが、この区間の車窓は変化に富んでいて眠る暇がありません。

「紀勢本線 各駅停車 南部の次の岩代駅の~」と歌ったのは谷山浩子さんが「テングサの歌」で歌った区間は太平洋の荒波が打ち付ける風光明媚な区間で、紀勢本線が複線電化の幹線であることを忘れさせます。

と言っている間に紀伊田辺駅に到着です。前回とは逆にナギサビールさんへ向かいます。紀伊田辺駅から白浜の温泉方面の三段壁行きに乗って、終点の三段壁バス停から徒歩15分ぐらい。数か月に訪ねていますし、迷うことのない1本道なので、スマホの地図アプリも見ずに行けます。前回は炎天下で汗だくでしたが、今回は日差し穏やかな初冬の和歌山県なので、お散歩気分です。私の足で15分少々でナギサビールさんへ到着です。

0132

クリスマス前の月曜日の昼間で、もちろん店内はガラガラです。店内のテーブル席を1人で占拠して昼ビールです。

0133

この日のビールは3種類。ティスティングノートを忘れてしまったのでうんちくは無しですが、どれも安定している味わいで、とても好感が持てました。

2017年12月17日 (日)

Y.Marketで昼飲み

冬の18きっぷを使って関西方面へビール巡礼に行ってきました。その途中の名古屋でY.Marketと京都醸造へ立ち寄るプランです。

徹夜明けで西武線の一番電車と山手線を乗り継いで東海道線へというのは私のよくあるパターンですが、山手線の車内で居眠りして数周してしまうという大失態を演じてしまいました。おかげで乗り継ぎパターンはぐちゃぐちゃです。名古屋には正午過ぎに着く予定でしたが、14時過ぎになってしまいました。

0140

気を取り直してY.Marketさんへ。週末はランチタイムから営業しているので、昼ビールが楽しめます、、、のはずでしたが到着したのは14時過ぎ。ガラガラだろうと思って入ってみれば(失礼ながら)意外にも賑わっていました。しかも多くの方がビールを飲んでいます。良い光景ですね。

0141

私は1人なのでカウンター席へ。昼下がりの中途半端な時間帯にもかかわらず、次から次へと入ってくるビールの注文を見ていると、Y.Marketさんの関係者ではありませんが、とても嬉しく思います。

« 2017年8月 | トップページ | 2018年3月 »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31