無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年4月の4件の記事

2017年4月19日 (水)

海軍兵学校の見学

大和ミュージアムを見学した後はフェリーで江田島へ渡り、バスに乗り継いで旧日本海軍兵学校の見学へ。現在は会場自衛隊の幹部候補生学校と第一術科学校になっていますが、戦前では海軍の兵科将校を育成する学校で、当時の建物が多く残されています。映画などのロケに使われることも多く、近年ではNHKで放映された「坂の上の雲」での場面で多く使われました。エキストラで現役の自衛官も出演されたとか。
人気の観光施設で、見学コースが設定されているので参加しました。あいにくの天気、しかも平日なので見学者は少ないかなーと思っていたら、観光バスが到着して賑やかになりました。団体旅行のコースに組み入れられているみたい。団塊の世代は元気ですねー。

0142

90分の見学コースで、まずは入学式や卒業式が行われた大講堂の見学です。車寄せのある表玄関は来賓の皇族用で、一般の方は別な入口から入ります。

0143

中に入りますと意外にシンプルな講堂です。高い天井に声が響くように設計されているとか。ここで卒業生は成績順に名前を呼ばれます。上位者には来賓の皇族から恩賜の品が授与されます。

0144

次いで生徒館。赤煉瓦造りで、煉瓦はイギリスからの輸入品とのこと。現在でも海上自衛隊の生徒さんが使っています。

0145

そして教育参考館の見学です。この海軍兵学校を卒業して、活躍された先人たちのゆかりの品が展示されています。2.26事件で襲撃された当時の首相岡田啓介、戦前の首相と終戦時の海軍大臣の米内光政、太平洋戦争開戦時の連合艦隊司令長官の山本五十六、近代史に名を残した旧帝国海軍提督の全員がこの海軍兵学校の出身です。
他にも多くのスペースを使って戦争末期に特攻隊として出撃して、そして帰って来なかった隊員の遺書や遺品も多く展示されています。鎮魂の場でもある教育参考館の内部は撮影が禁止、脱帽が必須です。
あいにくの天気でしたが、とても充実した見学コースです。お勧めです。   

2017年4月18日 (火)

大和ミュージアムへ再び

広島ビアフェスタで大いに飲み、その日は広島市中心地のホテルに宿泊しました。翌日は広島電鉄の路面電車を撮影しようと思っていて、重い一眼レフカメラを持参していたのですが、あいにくの雨でした。予定を変更して呉市に向かい、ミュージアム巡りをすることにしました。

呉市のミュージアムといえば、大和ミュージアムこと呉市海事歴史博物館が有名で、以前にも訪ねたことがあるのですが、再度の訪問になりました。前回の記事はこちらこちらです。

0682

最大の見どころは愛称「大和ミュージアム」の由来になっている戦艦大和の模型でしょう。模型といっても1/10のスケールで、戦艦大和の全長が263メートルですから、模型の長さは26メートル!あります。本物のレジャーボートや小型漁船以上の大きさですね。ですから全体を画像に収めるには2階以上の回廊に上がる必要があります。この視線は大和を攻撃したアメリカ軍の飛行機そのものです。爆弾を抱えたヤンキーの飛行機乗りは、どんな気持ちで大和を見ていたのでしょうか。

大和だけでなく、第二次大戦で活躍した艦艇の模型も充実しています。機能美あふれる艦艇群を見ていると、戦争を賛美するというとは全く別な感想、、そろそろ100年前になりますが、当時の日本人が美しい艦艇を作り上げたことに感動します。




2017年4月17日 (月)

JR可部線の延長区間に乗車する

広島ビアフェスタは確かに魅力的ですが、東京から遠方の広島市まで行ったのには別な目的があります。それはJR可部線の延長区間に乗ることです。話が前後しましたが、広島ビアフェスタへ行く前に乗ってきました。

JR可部線は広島市の中心地に近い横川駅から郊外の可部駅を結ぶ14.0kmの路線でした。それが2017年3月4日に可部駅からあき亀山駅まで1.6km延長されたのです。日本の鉄道前線完乗のタイトルを保持するためには乗らなければならない線路が出来たのです。

ただ、この区間は以前に乗っているのです。というのは2003年12月に廃止になった区間が復活したのです。この区間を乗るべきかは、完乗系乗り鉄派の間で話題になりました。以前に乗ったことがあるから再び乗る必要は無いと主張される方もいましたが、大部分は「新しい線路が延びたのだから乗りに行かなきゃね。仕方ねぇなー」とニヤニヤしていました。要は乗りにいく口実を作っていたのです。

0671

今回は時間と費用の関係で成田空港→広島空港をLCCの春秋航空を使い、路線バスでJR白市駅に出て、可部線というルートを使いました。遠路はるばる訪ねてみたものの、乗るべき区間は1.6kmなので5分もかかりません。あっという間に乗り終えてあき亀山駅に到着です。

0670

駅舎は新しく建替えられました。どうやら以前の場所とは少し移動したようです。

0673

駅周辺には若い人向けの小規模なマンションやアパートが建ち並んでいました。その方が利用するのでしょう、駅には駐輪場が設置されています。どうやら駐輪場がかつての線路跡だったようです。

0674

その先には、かつてディーゼルカーが走っていた線路跡が残っていました。

0675

開業して間もないので、お試し乗車の家族連れの姿が見られました。可部線は大都市広島の通勤通学路線として好調なようです。JR西日本の新車も多く運用されています。

という訳で私にとって1.6kmとはいえ懸案事項であった可部線の延長区間に乗ることが出来ました。大いに満足して広島ビアフェスタの会場に向かいました。








2017年4月16日 (日)

広島ビアフェスタ2017

広島市で毎夏に開催されている広島ビアフェスタに参加してきました。中国地方のブルワリーを中心に、日本全国のブルワリーが集まる人気のイベントです。

0677

会場は広島市の中心地で、かつての広島市民球場の跡地を使っているイベントスペースです。アクセスは抜群に良いです。

0678

まずはこのイベント開催の中心的な役割を担っているビアへるんさんへ挨拶です。矢野社長さんとはお久しぶりでしたので、お忙しい中ではありましたが、話をさせていただきました。

0679

ビールだけでなく、料理のブースも充実しているのは最近のビールイベントの傾向で、この広島ビアフェスタも例外ではありません。何処のブースを選ぶか迷ってしまいます。

画像から解るように快晴で、春とはいえ暑いぐらいです。おかげでビールが進みます。





« 2017年3月 | トップページ | 2017年7月 »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31