無料ブログはココログ

« 莒光号 | トップページ | 高雄のライトレール »

2017年3月15日 (水)

自強号の旧型電車

台湾鉄道のサイトは日本語にも対応しているので、なかなか便利です。時刻表検索はもちろんネット上でチケットの手配も出来るし、台湾鉄道の車両紹介のコンテンツまであって、鉄道ファンの視点でも楽しめます。

高雄から彰化までは莒光号を使いまいした。これで台湾の優等列車の代表である自強号と莒光号を乗り分けたことになります。彰化から台北までは、面白い列車に乗ってみましょう。

0310

私が選んだ自強号は台湾中部の彰化始発という中途半端な運転区間で、時刻表検索で表示される設備が他の列車より貧弱で、ひょっとしたらと思ったら、自強号で運用されている車両としては旧式に属するEMU300-電車でした。イタリアSOCIMI社で、1989年製、クモハ+サハ+クモハの3両ユニットで、この日は9両編成で運用されていました。

車内の仕様は台北→高雄で乗った自強号のE1000型や高雄→彰化の莒光号と同じで、足載せ付きのリクライニングシートが並んでいます。乗り心地は、あらゆる意味で電車でした。というのはこのEMU300型はツリカケ式で、加速の度に独特のギア音がします。鉄道ファンとしては萌え燃えなのですが、私の席はサハでした(T_T)。私が乗ったサハでは床下にコンプレッサーが搭載されていて、ブレーキをかける度に重々しい動作音と振動を発生させます。車両が発生する音のうち、コンプレッサーが一番苦手なのです。線路のジョイント音は規則正しくて心地良いですし、モーターはどのタイミングで音が出るか判るので苦になりません。その点コンプレッサーは突然鳴り出しますからね。快適性はいまひとつでした。私が乗った車両が「クモハ」でしたら評価が全く変わっていると思います。ツリカケの音にニヤニヤしていたことでしょう(笑)。

« 莒光号 | トップページ | 高雄のライトレール »

台湾鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/65018282

この記事へのトラックバック一覧です: 自強号の旧型電車:

« 莒光号 | トップページ | 高雄のライトレール »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30