無料ブログはココログ

« 名寄で燃料を補給する | トップページ | 稚内から折り返し »

2017年1月 4日 (水)

宗谷北線

名寄で燃料補給して、宗谷本線の旅を続けます。私は名寄から先の、いわゆる宗谷北線の景色が大好きで、何度も乗っています。
よく「日本の路線でお勧めは何処ですか」と尋ねられます。答えに窮する問いで、あれこれ推薦しますが、その点では、宗谷本線の北側の区間、いわゆる宗谷北線は勧めてもハズレが無い路線のひとつです。北海道らしい広々とした牧場、原野、佐久あたりの天塩川の流れ、音威子府や雄信内といったアイヌ語由来の駅名、兜沼周辺の絶望するような最果て感、名前の通り抜海から海越しに眺める利尻富士、やっとやっとの稚内の灯りを見たときには、多くの旅人たちがたどり着いたというの達成感を感じるのです。

0018

Photo

Photo_2

と大袈裟な前置きを長くしましたが、私の乗った稚内ゆきの1両のディーゼルカーは出発しました。天気は良く温かな陽射しが差し込んできます。居眠りしたいところですが、せっかくの宗谷北線の車窓を見逃すわけにはいきません。変化に富む車窓だけでなく、宗谷北線の駅の駅舎はバラエティに富んでいます。特急が止まる美深や音威子府は立派な駅舎を構えていますし、ローカル駅は不要になった車掌車を使った「ダルマ駅」もある。ユニークさではプレハブの物置を使った糠南でしょう。

0544

0545

話がたびたび前後しますが、私が乗った名寄→稚内の普通列車は音威子府で1時間半ほどの長時間停車をします。既に補給は済ませているので、寒い車外に出る理由はありません。音威子府に到着してすぐはお約束の写真撮影をして、駅舎の中にある天北線の資料館を眺めても、10分もすれば暖かい車内に戻ってしまいます。あとはプシュしかないですね(笑)。

0546

この日は徹夜明けだったので、いつの間にか居眠りしていました。目が覚めたら天塩中川まで進んでいました。日が落ちてすっかり暗くなった車窓は遠くに点々と灯りが見えるだけですが、天塩中川から稚内までほぼ2時間かかるのです。時刻表の路線図ではデフォルメされているので、距離感覚がいまひとつ掴めないですね。

私が乗った稚内行きは19時30分に到着しました。今夜の宿はビジネスホテルのドーミーイン稚内で、稚内駅から徒歩5分ぐらいです。普段なら赤提灯に引かれて居酒屋で一献するところですが、此処は最果ての街の稚内、しかも1月1日ですからホテル周囲の居酒屋は全て閉まっていました。この状況は以前から知っていたので、大手チェーンのドラッグストアの店に足を運びましたが、ここも正月休みでした。数年前では営業していたのですがーーー。

稚内駅に戻って駅に隣接しているコンビニで、お握りや惣菜を買って今晩の食事にします。同じような考えの方が購入されたようで品薄です。その点では缶ビールは供給と在庫が安定しているようで、カップラーメンと缶ビールを購入して、ホテルの部屋で食べることにしました。一年の計は元旦に有り、と言われますが、稚内まで来て何をやっているのでしょうね。

« 名寄で燃料を補給する | トップページ | 稚内から折り返し »

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/65218077

この記事へのトラックバック一覧です: 宗谷北線:

« 名寄で燃料を補給する | トップページ | 稚内から折り返し »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30