無料ブログはココログ

« サン・マルタン運河のクルーズ | トップページ | サントル運河のボートリフトクルーズ(実践編) »

2016年6月15日 (水)

サントル運河のボートリフトクルーズ(予約編)

運河クルーズネタをもう一つ続けます。

0159

ベルギーには多くの世界遺産があり、サントル運河とボートリフトもその一つです。ボートリフトとは、船を水槽に入れて上下させる、船のエレベーターです。その存在を知って、今回は厳しいスケジュールを割いて訪ねてみました。

0178_2

2002年にもっと規模の大きい運河とボートリフト(ストレピ・ティウ ボートリフト)が開通したので、世界遺産のサントル運河は観光客を乗せたクルーズ船が行き来するだけになっているようです。

ただ、サントル運河は世界遺産に登録されているにも関わらず、旅行ガイドブックには全く紹介されていないのです。「地球の歩き方」でもサントル運河が世界遺産に登録されているという記述があるだけです。クルーズ船があることはネット上の情報で知っていましたが、何処に予約してどう行けば良いのかは今ひとつ解らないのです。

001

先に1つの正解を記しておきます。
サントル運河のクルーズは複数の会社があるみたい。私が参加した運河クルーズのイメージキャラクター、お世辞にも可愛いとは言えない、ゲゲゲの鬼太郎に出てくる妖怪ネコ娘風のが紹介しているのは、運河クルーズ会社のパンフレットです。現物をスキャンしました。無断転載ですのでごめんなさい。

002

ベルギー版の妖怪ネコ娘によれば、世界遺産に登録されているサントル運河のクルーズは、4月01日から10月30日の火曜日から日曜日の運行で、2時間30分のコースは午前10時と午後02時のの出発です。集合場所は新運河のボートリフト(ストレピ・ティウ ボートリフト)の受付に集合です。午前の便はボートリフトから出発し新運河を少し走ってから旧運河との閘門を登り、旧運河に入って世界遺産のボートリフトを1つ体験し、旧運河を走ってから、下から2つ目のボートリフトの動力室を見学して終了。集合場所の新運河のボートリフトへはバスで送迎します。午後の便はその逆のコース。どちらを選ぶかはお好みです。

これら新旧の運河とボートリフトへが有るのはベルギーのエノー州で、La Louviere- Centre駅が最寄駅のようです。ブリュッセルから1時間間隔の快速列車で1時間ほど、運賃は8.4ユーロです。駅前に常駐しているタクシーで20ユーロほどです。

« サン・マルタン運河のクルーズ | トップページ | サントル運河のボートリフトクルーズ(実践編) »

閘門」カテゴリの記事

運河」カテゴリの記事

船が好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サントル運河のボートリフトクルーズ(予約編):

« サン・マルタン運河のクルーズ | トップページ | サントル運河のボートリフトクルーズ(実践編) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31