無料ブログはココログ

« サントル運河のボートリフトクルーズ(予約編) | トップページ | パリからブリュッセルへバス移動 »

2016年6月16日 (木)

サントル運河のボートリフトクルーズ(実践編)

ベルギーのサントル運河のクルーズ、何処に予約して何処に行けば良いのか解らなかったのは前回の書き込みに記した通り。せめてもとボートリフトと機器室が公開されている場所に行くことにしました。

0159

0165

サントル運河には4箇所のボートリフトが設置されています。目指すのは下流から2つ目のボートリフトです。ブリュッセルから1時間ほど、La Luviere-Centre駅に着いた時にはにわか雨の土砂降りでした。土地勘は全く無いので、駅前のタクシーたまりで昼寝していた運転手さんを起こして連れて行ってもらうことに。

私がネットで仕入れた画像を見せたら運転手さんは解ったみたい。でも行き着いた先は新運河のボートリフトでした。Non Non old canal boat liftと強い語調で言ったら、私が想像していた目的地へ連れて行ってくれたのですが、この運転手さんの対応が正解だったのは、先の書き込みで記した通り。

0163

何はともあれ、念願のサントル運河のボートリフトです。世界遺産とはいえ小雨が降る平日だったので誰も居ませんでした。おかげでじっくり観察することができます。

0164

サントル運河のボートリフトは一種の水圧ジャッキで上げ下げされます。

0161

その水圧を作るのはボートリフトに隣接した建物に収められている機器です。高圧の水圧を作る動力源も、運河の高低差を利用した水で、電気や蒸気といった他のエネルギーをつかっていないとのこと。

0242

個人で見学をしている間にクルーズの団体さんが到着しました。

0243


私が先ほど見たボートリフトの機器室をガイドさんが紹介しています。

0160

機器室の前には、クルーズの方が乗船される船が停泊していました。私はガイドさんにお願いして、クルーズに途中参加をお願いしました。最初は怪訝な顔をされていたガイドさんも、I am from Japanとか、I want join your croozとか、World Heritage,very niceとか、必死に訴えたら、しかたねーなーという感じで参加を許可されました。最も100人以上は乗れるクルーズ船には年金世代の20人ぐらいしか乗っていなかったので、あちらも小遣い稼ぎかと思ったのかもしれません。

0166

何はともあれ、念願のサントル運河のクルーズに参加することが出来ました。にわか雨や小雨続きだった天気も回復して晴天です。

0167

サントル運河には多くの橋が架かっていて、多くが可動橋です。こちらは旋回式で、クルーズ会社のスタッフがクルマで先回りして、可動橋を操作します。

0168

こちらは跳ね橋です。やはりクルーズ会社のスタッフが、先の旋回橋を元の位置に戻し、クルマで飛ばしてやってきて、操作します。クルーズ船のスタッフも忙しいですね。

0170

やがて最下流の4番目のボートリフトが近づいてきました。このクルーズのハイライトです。

0171

ボートリフトの水門が開き、船ごと水槽に入っていきます。

0172

水門が閉じて、クルーズ船を入れた水槽がゆっくり下がっていきます。

0174

ゆっくりゆっくり下がってきました。最下流のボートリフトでは15メートルの水位差を克服しているとのこと。先ほどくぐった水門を見上げます。

0175

降りきって、前の水門が開きます。

0177

15メートルの水位差を降りました。こちらのボートリフトにも操作室があります。

0244

クルーズ船は出発地である新運河のストレピ・ティウのボートリフトに戻ります。旧運河と新運河には7メートルの水位差があるので閘門で越えます。此処では下り側だったので、豪快な水しぶきはなく、粛々と水位が下がっていきました。

0179

現代で活躍しているストレピ・ティウのボートリフトは1350トンの船を73.15メートルを一気に上下させます。見上げるような巨大な施設でした。左側の水槽が上下しているのが解るでしょうか。

帰りはLa Luviere-Centre駅までタクシーで。railway stationと言ったのに、私の日本語訛りの英語が通じなかったみたい。La Luviereの街並みの中心地で下ろされそうになりました。運転手さんに再度railway stationと言ったら解ってくれたみたい。回り道したのでメーターは20ユーロぐらいになっていて、運転手さんも恐縮していましたが、
You mistake,I mistake,each other.
No problem!.
文法的にはは???ですが、意味は通じたみたい。もちろん20ユーロを出してお釣りはチップです。

« サントル運河のボートリフトクルーズ(予約編) | トップページ | パリからブリュッセルへバス移動 »

閘門」カテゴリの記事

運河」カテゴリの記事

船が好き」カテゴリの記事

ベルギー鉄道ビール旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サントル運河のボートリフトクルーズ(実践編):

« サントル運河のボートリフトクルーズ(予約編) | トップページ | パリからブリュッセルへバス移動 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31