無料ブログはココログ

« イルクーツクの街歩き(その1) | トップページ | イルクーツクのトラム »

2016年3月 1日 (火)

イルクーツクの街歩き(その2)

イルクーツクでは美しい教会や古い建物が点在していて、案内表示があちこちに設置されています。ロシア語だから内容は解らないですが、地図をが有るのはありがたいです。日本の金沢市と姉妹都市で「金沢通り」があり、そこでの案内板には日本語が併記されていました。久しぶりに見る日本語なので感激です。ロシアに入国して1週間、そろそろ日本語が恋しくなってきました。

0433

ヨーロッパの街のような石造りの建物も見られました。

0434


欧米のチェーン系の店もありました。これは欧米の他の都市と同じです。

0425

イルクーツクの建物に彩を添えるのは木造建築でしょう。

0423

ガイドブックに紹介されている130地区は古い木造建築を使って商業施設に使っています。やややり過ぎの感じがあったので、スルーしてしまいました。

0422

130地区に行かなくても、イルクーツクで街歩きしていると、様々な木造建築を目にします。

0427

実際に住宅や事務所に使われている建物が市内に点在しています。よく観ると出入り口や窓の周囲に装飾があったりして、なかなか面白いです。

0430

快晴の陽射しを浴びて気温は上がってきましたが、それでもシベリアで、厚手のコートは欠かせません。そのような空の下でも、中央市場では様々な店が軒を連ねて商売をしていました。

0431

衣類から生活雑貨が所狭しと並んでいます。

0428

面白いのは女性下着の店があったことでした。晴天で華やかな色合いが映えているのですが、寒さが厳しい時季の露天の店頭で品定めをするのでしょうか。私には縁がない商品ですが気になってしまいました。

« イルクーツクの街歩き(その1) | トップページ | イルクーツクのトラム »

シベリア鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イルクーツクの街歩き(その2):

« イルクーツクの街歩き(その1) | トップページ | イルクーツクのトラム »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29