無料ブログはココログ

« シベリア鉄道の車内生活 | トップページ | シベリア鉄道の車内は禁酒? »

2016年2月21日 (日)

車内で出会ったノイズ君

ヤロスラブリで降りたイワンの後に乗ってきたのは、ロシア人の若者でした。年齢は20台前半ぐらいでしょう。話好きのロシア人のDNAしっかり受け継いだ若者は異国から来たヘレナとリサ、おまけの私に興味津々みたいでロシア語で話しかけてきます。私はロシア語はさっぱりですが、リサが通訳してくれました。彼は2日後の8時33分に着くノボシビルスクに行くみたい。車内に入って早々に短パンにサンダルに着替えてリラックスしています。

0143

彼は、同年代?の異国の女性しかもロシア語が出来るヘレナとリサに御執心のようで、あれこれと話しかけてきます。私は話し内容がさっぱり解らないので見ているだけですが、内心では「お前はイタリア人かよ」(笑)と思いつつニヤニヤしていました。ヘレナとリサは微笑みながら話し相手になっていますが、表情がちとお疲れのようです。
彼が席を外した時に話しかけました。
He is noisy.彼は騒々しいね。
You are busy.そしてあなた達は忙しいね。
彼女たちに笑顔が戻ってきました。これから彼をノイズ君と呼ぶことにします。ノイズ君のおかげで彼女たちと親しくなったような気がします。

0145

↑↑画像は長時間停車の最中に、短パンサンダルで歩いているノイズ君です。

それでも、何だかんだ言っても、ノイズ君は面白い。あれこれ話しかけてくるだけでなく、上段から降りる際にはしごから転げ落ちてひざ小僧をすりむいて痛がっていて、ヘレナとリサが手当てをしています。普段なら迷惑野郎ですが、暇な車内ですから、失礼ながら格好の暇つぶしです。

« シベリア鉄道の車内生活 | トップページ | シベリア鉄道の車内は禁酒? »

シベリア鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車内で出会ったノイズ君:

« シベリア鉄道の車内生活 | トップページ | シベリア鉄道の車内は禁酒? »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31