無料ブログはココログ

« ノヴォシビルスクで鉄ちゃん | トップページ | イルクーツクで途中下車 »

2016年2月27日 (土)

シベリア鉄道車内で折紙教室

ノヴォシビルスクからシベリア鉄道の汽車旅が再開しました。ノイズ君はノヴォシビルスクで降りて、その後には誰も来なかったので、私の区画はヘレナとリサの3人だけです。

0362

英語の口説き文句の一つや二つを知っていれば面白いことになるのでしょうけど、私は手出しが出来ません。ヘレナは安心してお昼寝です。

ノイズ君は降りましたが、相変わらずロシア人男性の訪問は続いています。その合間に私が折鶴を出しました。ヘレナとリサが興味をしめしました。

What is this?.
This is Japanese Lucky Item.

折紙教室の開始です。
海外で日本の折紙がウケることは今までの経験で知っているので、車内の暇つぶし用に折紙を持っていきました。特に日本人なら誰でも折れる「鶴」は一枚の紙が立体的に折りあがっていくから面白いみたい。「鶴」を織り上げるにはちょっと難しい工程がありますが、私と一緒に折ったので、ヘレナとリサも折りあげることが出来ました、もっとも先生が私ですからちと不恰好でした(笑)。

0364

これを機にヘレナとリサとの仲がより親密になった気がします。画像は車内で日記を付けているリサです。私が長時間停車駅に到着前からカメラと上着を用意してウキウキしながら到着を待っている様子を見ていたリサは、私がこの列車の詳細なタイムテーブルを熟知していると思ったようで、
「トシ(私のこと)、次のLong stopは何時間後?」
「次は45分後に20分停車するよ」
そんな会話がしばしば。

0366

なんのことは無い、車掌室の近くに乗っている列車の時刻表が掲示されていて、私はスマホで撮影して画像を取り込んでいたのです。トイレやサモワールの利用で彼女たちが時刻表の存在を知らない訳がありませんが、私とのコミュニケーションの手段に使ってたようです。

« ノヴォシビルスクで鉄ちゃん | トップページ | イルクーツクで途中下車 »

シベリア鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シベリア鉄道車内で折紙教室:

« ノヴォシビルスクで鉄ちゃん | トップページ | イルクーツクで途中下車 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31