無料ブログはココログ

« ロシア人の宴会に巻き込まれる | トップページ | ノヴォシビルスクで長時間停車 »

2016年2月24日 (水)

シベリア鉄道の車内で重宝したもの

長時間の乗車になるシベリア鉄道の車内で重宝したものを紹介します。

0341

これは以前に紹介しましたが、サモワールと呼ばれている給湯器です。各車両に1箇所設置されていて、常に90度以上の熱湯が無料で利用出来ます。

0338

供給される熱湯を使って、車内では乗客がカップ麺を用意したり、お茶を入れたりします。

0342

そこで紹介したいのが、私がシベリア鉄道の車内で重宝したものです。
マイ箸
マイカップ
インスタントコーヒー
アイマスク
ウェットテッシュ


ロシアで売られているカップ麺にはプラスチックのフォークが付属しているのですが、日本人ならやはり箸です。私は家で使っている箸を持参しましたが、旅先用と割り切って安物でも良いでしょう。

シベリア鉄道の車内では車掌のオバチャンにお願いすれば、お茶用のグラスを貸してくれます。私はコーヒー党なのでマイカップを持参しました。一杯分に小分けされたインスタントコーヒーがあればとても便利です。

シベリア鉄道の車内では深夜では消灯するのですが、日本とは違って窓のカーテンを下ろしません。深夜帯でも停車があるので、アイマスクは有った方が良いです。私は日本で購入したものを持込みましたが、アエロフロートの国際線では機内で無料で配られているので、そちらを流用しても良いでしょう。

0340

最後にウェットテッシュ。
車内のテーブルは長時間の乗車のおかげで、家庭の食卓です。食事時になると大混雑です。時にはカップ麺の汁や飲み物をこぼすことがあります。そのような時にはウェットディッシュでさっと拭くのです。

0344

使用済のウェットティッシュ、その他のゴミはテーブルの金具にくくり付けたレジ袋へ。日本からわざわざ持って行くモノではありませんが、ロシアでは買物の際では有料なので、自宅で余っているものがあれば、持って行けば重宝します。

シベリア鉄道のトイレではトイレットペーパーが用意されています。ソビエト時代にはメモ用紙代わりに使ったというほど固い紙だったようですが、ロシアになってかなり改善されたとのこと。それでも日本のモノに比べたら紙の質が良くありません。気にする方にはウェットティッシュを使ってください。

« ロシア人の宴会に巻き込まれる | トップページ | ノヴォシビルスクで長時間停車 »

シベリア鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シベリア鉄道の車内で重宝したもの:

« ロシア人の宴会に巻き込まれる | トップページ | ノヴォシビルスクで長時間停車 »

最近のトラックバック

2020年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31