無料ブログはココログ

« シベリア鉄道の車内で重宝したもの | トップページ | ノヴォシビルスクで鉄ちゃん »

2016年2月25日 (木)

ノヴォシビルスクで長時間停車

モスクワ・ヤロスラブリ駅を00時35分に出発して、3日目の08時33分(モスクワ時間)にノヴォシビルスク到着しました。ノヴォシビルスクは人口147万人で、私が乗ってきた44列車はシベリア最大の都市に敬意を表するかのように57分もの長時間停車をします。

シベリア鉄道はモスクワ時間で運転されているので、モスクワとは3時間の時差があるノヴォシビルスクの現地時間は11時33分着です。定刻の到着でした。

0348

さすがシベリア最大の都市だけあって、私の車両では7割ぐらいの乗客が降り、その半分ぐらいの乗車がありました。車掌さんは乗車券のチェックで大忙しです。乗り通す客、乗車の支度を終えた客が発車までの時間をホームに出て過ごしていました。

0353

長時間停車を使って車両の点検が行われます。長距離の運転が行われているシベリア鉄道では、一旦走り出すと車両基地に入れるのは数日後というケースがまれではありません。私が乗っている44列車はシベリア発ハバロフスク行の長距離列車で行程は8日間で、その間はずっと走り続けます。その間の点検は欠かせないのです。特に冬季は凍結が心配です。オレンジのジャケットを着込んだ作業員が床下に入って時間をかけて点検していました。

0354

車両への補給も行われます。
車両にトラックを横付けして、暖房用の石炭を搭載していました。合わせて水の補給も行われます。

0356

トラックから搭載された石炭を炭庫に収める際にでたコボレを片付けるのは車掌さんのお仕事みたい。1車両に2人乗務している車掌さんは車内の何でも屋で、多忙です。

0357

車両への補給だけでなく、乗客も補給をします。ホーム上にも売店があるのですが、停車時間に余裕があるので、散歩と息抜きを兼ねて駅舎内の売店に行く方も居るみたい。こちらの方が品揃えが豊富で、ちょっと安いようです。画像に写っている買い物客の女性は、同室のヘレナとリサです。

0359

私も燃料補給です。駅舎内にあった軽食コーナーではビールがあったので、1本美味しくいただきました。

« シベリア鉄道の車内で重宝したもの | トップページ | ノヴォシビルスクで鉄ちゃん »

シベリア鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノヴォシビルスクで長時間停車:

« シベリア鉄道の車内で重宝したもの | トップページ | ノヴォシビルスクで鉄ちゃん »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31