無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »

2015年12月の2件の記事

2015年12月13日 (日)

京都醸造

最近、新しいビール醸造所の開設が続いています。その中で注目を集めている醸造所の一つが京都醸造でしょう。今まで工場だけだった場所に試飲スペースが出来たので、京都まで飲みに行ってきました。

145

京都醸造の最寄り駅は近鉄の十条駅で、京都と言っても、新旧の建物が混在する、観光客が想像するようなエリアではなく、住宅地と小さな町工場が並ぶようなエリアで、ちょっと拍子抜けです。

146

そんなエリアに有る京都醸造の建物も以前は別業種の工場として使われていたもので、看板とシャッターに描かれたロゴが無ければ通り過ぎてしまいそうです。ちなみにシャッターの横の業務用ドアを開けて試飲スペースへ入っていきます。

151_2

試飲スペースは文字通りの試飲スペースでした。壁に京都醸造のロゴをデザインした飾りがあること、ビールのグラスを置くテーブルとカウンターがあることだけです。ビールの他にはごく簡単なつまみしか用意されていません。

148

試飲スペースからガラス越しに京都醸造の設備が見えるのは定番です。スタッフが忙しそうに働いている姿を見ることが出来ます。これも定番です。この京都醸造が面白いのは、立ち上げたメンバーが3人の外国人の若者だということです。ウェールズ、アメリカ、カナダと出身も生い立ちも違う3が、青森県の漁村で出会い、そして京都でビールを造ることになる、それだけでも1つの物語です。前職を辞めた人が醸造免許を取得したのは2015年4月とのことです。

149

創業までのエピソードが面白い物語であっても、肝心のビールが美味しくなければいけません。この日は5種類のビールが出されていました。当日のサービングの温度がやや低いかなぁとの第一印象でしたが、少し置いておくと、華やかで綺麗な香りが立ってきます。特に定番?銘柄の一期一会はその印象を強く感じました。ビールとしての出来はかなり良いです。好評で引き合いも多く、品薄状態だというのも頷けます。そのため醸造設備を増設するとのこと。今後の展開が要注目な京都醸造です。

続きを読む "京都醸造" »

2015年12月 1日 (火)

秋田のBeer Flight

秋田市には何度も通っています。父が秋田県北部出身という縁もありますが、それ以上に秋田市のビールが面白いからです。その主たる理由になっているのはあくらビールですが、名わき役が存在します。その方は戸隠の三浦さんです。

三浦さんといえば日暮里のオコンネル、八重洲のバッカスを経て、故郷の秋田市で蕎麦屋の戸隠を継ぎました。三浦さんが秋田市に着てから秋田市のビールが面白くなったのです。その三浦さんが秋田市に新しい店を出したので、さっそく行ってきました。

Beerflight142

店の名前はBeer Flight。秋田市の古い繁華街である川反エリアから近く、今後の再開発が予定されているエリアです。

店の規模は大きくないものの、タップ数は12で充実しています。アメリカのクラフトビールを中心に日本にクラフトビールもあるようです。ビールメニューをみていると、クラフトビールが根付きつつある秋田市でもかなりチャレンジしています。Beer Flightさんが秋田市のビールへの起爆剤になることを大いに期待しています。


という訳でBeer Flightさんを訪ねました。
昼にあくらビール18周年で大いに飲んで、ホテルで休憩してからBeer Flightさんへ。秋田市でいつも泊まるホテル、グランディア秋田から徒歩で10分ほどなので、とても立寄り易いです。Beer Flightさんに入ったら、あくらビール18周年の片づけを終えた、あくらビールのブルワー長谷川さんがカウンターで飲んでいたので、お隣に立つことに。もちろんビール片手にビール談義です。秋田市の夜が更けてゆきました。




« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30