無料ブログはココログ

« あくらビール18周年 | トップページ | 京都醸造 »

2015年12月 1日 (火)

秋田のBeer Flight

秋田市には何度も通っています。父が秋田県北部出身という縁もありますが、それ以上に秋田市のビールが面白いからです。その主たる理由になっているのはあくらビールですが、名わき役が存在します。その方は戸隠の三浦さんです。

三浦さんといえば日暮里のオコンネル、八重洲のバッカスを経て、故郷の秋田市で蕎麦屋の戸隠を継ぎました。三浦さんが秋田市に着てから秋田市のビールが面白くなったのです。その三浦さんが秋田市に新しい店を出したので、さっそく行ってきました。

Beerflight142

店の名前はBeer Flight。秋田市の古い繁華街である川反エリアから近く、今後の再開発が予定されているエリアです。

店の規模は大きくないものの、タップ数は12で充実しています。アメリカのクラフトビールを中心に日本にクラフトビールもあるようです。ビールメニューをみていると、クラフトビールが根付きつつある秋田市でもかなりチャレンジしています。Beer Flightさんが秋田市のビールへの起爆剤になることを大いに期待しています。


という訳でBeer Flightさんを訪ねました。
昼にあくらビール18周年で大いに飲んで、ホテルで休憩してからBeer Flightさんへ。秋田市でいつも泊まるホテル、グランディア秋田から徒歩で10分ほどなので、とても立寄り易いです。Beer Flightさんに入ったら、あくらビール18周年の片づけを終えた、あくらビールのブルワー長谷川さんがカウンターで飲んでいたので、お隣に立つことに。もちろんビール片手にビール談義です。秋田市の夜が更けてゆきました。




« あくらビール18周年 | トップページ | 京都醸造 »

ビールの店」カテゴリの記事

ビール:東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/62928476

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田のBeer Flight:

« あくらビール18周年 | トップページ | 京都醸造 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31