無料ブログはココログ

« 関門海峡を行ったりきたり | トップページ | ヤッホーブルーイングの工場見学会 »

2015年8月28日 (金)

はかた号

SUNQパスを使うのは終わりましたが、東京へ戻るにもバスを使うことに。乗るのは西鉄バスが運行しているはかた号です。福岡と東京を結ぶ超長距離の路線バスです。東京ゆきの便は14時間15分とのことで、現時点では日本最長の路線バスだそうです。シートは3列のゆったりしたもので、面白いのはプレミアムシートと呼ばれている個室型の席です。これは4席あり運賃は17,000~20,000円です。福岡から東京へは航空各社が多くの便を飛ばしていて運賃もこなれていますから、どのような理由でプレミアムシートを選ばれたのかは興味があります。ちなみに私はビジネスシートをWeb早割4500円割引で予約していたので10,000円ほどで済みました。航空機とは所要時間に圧倒的な差がありますが、試してみたい価格帯です。

門司港で快飲したので、私は小倉駅前からの乗車です。発車予定の5分前にバス停に着いてバスを待っていたのですが、バスは遅れているようです。大きなスーツケースを抱えた方が数人いるので私の乗遅れではないみたい。15分経っても来ない。友人を見送りにきた若いグループがバス会社に連絡しようか、もう少し待ってみようかとざわめきだします。結局のところ30分以上の遅れで到着しました。運転手さんに聞いたら、やはり天神付近の渋滞で遅れてしまったようです。

179

はかた号の小倉駅前出発は20時26分予定で、実際には21時過ぎに発車しました。夜型人間の私には寝るには早い時間です。このはかた号に使われているバス車両は、さすがに長時間の運行を考慮しているようで、全席に電源コンセントとUSBポートが用意されていて、スマホの使用や充電に使うことが出来るので重宝します。スマホをあれこれいじっているうちに最初の休憩地である山陽自動車道の佐波川サービルエリアへ到着しました。定時なら21時41分着予定ですが、遅れを回復するようなパワフルな走りでは無かったので恐らく22時過ぎの到着でしょう。佐波川サービルエリアを発車したら、予備の運転手さんが客室にやってきて、各々のシートの仕切りカーテンをセットしてくれました。寝台列車ののセットと思ったのは私だけでしょうか(笑)。

178

目が覚めたら新東名高速道路の静岡サービスエリアに到着直前でした。ここで寝台が解体されます。ただ定時ですと06時36分着なのですが、実際の時間は07時30分でした。1時間の遅れです。運転手さんに聞いたら、新名神高速道路~東名阪自動車道路~伊勢湾岸自動車道路という通常のルートが使えず(理由は聞きましたが忘れました)、古いコースである名神高速道路~東名高速道路へ迂回したとのことです。

180

快適なシートで2度寝して、目が覚めたら神奈川県内を走っていました。終点の新宿駅西口バスターミナルまであと少しですが、東名自動車道の実質的な終点である東京料金所の手前で渋滞につかまってしまいました。スマホで情報収集すると、接続する首都高速3号渋谷線に故障車?渋滞があり、これから先のルートマップは真っ赤(T_T)でした。遅々として進まずというのはこのような状況を言うのでしょう。遅れを増して09時25分新宿駅西口に到着予定が、実際には11時近くで、1時間半の遅れです。始発の博多バスセンターから乗られた方(18時50分発)は、実に16時間の乗車になったようです。乗客以上に運転手さんがお疲れのようでした。

« 関門海峡を行ったりきたり | トップページ | ヤッホーブルーイングの工場見学会 »

九州バス旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はかた号:

« 関門海峡を行ったりきたり | トップページ | ヤッホーブルーイングの工場見学会 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31