無料ブログはココログ

« ヤッホーブルーイングの工場見学会 | トップページ | リゾートビューふるさと »

2015年8月31日 (月)

里武士ビール訪問記

ヤッホーブルーイングの、同じく以前から行きたいと思っていた里武士さんへ。場所は長野県の野沢温泉です。

20150823_154033


野沢温泉のシンボル的な建物が、温泉街の中心地にある大湯です。ビールを飲む前に入浴させていただきました。ただし湯はかなり熱いので、2つある湯船の1つは水で薄めながら入ることが多いようです。

20150823_154051

さて本題の里武士ビールさん。先の大湯の道を挟んでの反対側です。つまり野沢温泉の中心地にあるのです。よくこの場所に物件を見つけたなぁと感心してしまいます。

20150823_154102

店の構えはお隣の大湯に雰囲気を合わせたようで、木の質感を強調したものになっています。天外のベンチでも飲めるみたいですが、夏休み終盤なので店は空いていました。もちろん店内に入ります。

20150823_161749

店内は意外に狭くてカウンター席のみ。壁の裏手が冷蔵庫と醸造設備になっているようです。里武士という風変わりな名前は、オーナー兼ヘッドブルワートム・リブシー氏の苗字から取ったものです。開業は2014年01月で、日本で最も新しいブルワリーの1つです。小さな設備で醸造量も少なく、と言う今日では飲む機会が無かっただけに、里武士さんの訪問は楽しみでありました。

20150823_162922

里武士を創業したリブシー夫妻(奥様は日本人です)はこの日は残念ながら不在でした。その代わりといっては失礼ですがスタッフの方とお話させていただきました。

リブシー氏がエールの名醸造地のバートンオントレント近くで育ったとのことで、イングリッシュスタイルのエールがメインです。イギリスのパブで使われているハンドポンプがあり、この日はブランエールがつながっていました。これが実に美味い。この1杯を飲むためだけでも野沢温泉に行く価値があります。幸いなことに2015年春に北陸新幹線が開通し、飯山駅からバスが運行されたので野沢温泉へ行き易くなりました。次はいつ行こうかな(笑)。





« ヤッホーブルーイングの工場見学会 | トップページ | リゾートビューふるさと »

ビールの店」カテゴリの記事

ビール:甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/62454831

この記事へのトラックバック一覧です: 里武士ビール訪問記:

« ヤッホーブルーイングの工場見学会 | トップページ | リゾートビューふるさと »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30