無料ブログはココログ

« 鹿児島から大分への夜行バス「トロピカル号」 | トップページ | 益城インターで乗り換え »

2015年8月25日 (火)

九州横断バス

今まで鉄道路線が無かった、という理由だけで訪ねるどころか通ったことも無いエリアが九州中央部です。そこを横断するように走るのがやまなみハイウェイでした。今日では九州横断道路の一部に組み込まれていて、そこを走るバス路線があり、それがこれから乗る九州横断バスです。

20150819_080538

産交バスが運行している九州横断バスの別府→熊本を乗車すると5時間以上かかりますので、是非とも最前列左側を確保したいものです。そのためには始発バス停の別府駅前本町から乗る必要があります。この別府駅前本町というバス停の位置がいまひとつわからないのです。ネットで調べると駅から海側に100メートルほど下った場所にあるらしい。観光客の利用が多い九州横断バスを別府駅のバス停に入れないのは、バス会社の営業エリアの関係があるのでしょうけど、不親切です。などとブツブツ言いながら別府駅前本町バス停へ歩いていったら、何のことは無い、別府の名物温泉の1つ、駅前高等温泉のまん前でした。

174

早めに別府駅前本町に着いたので先客はおらず、難なく最前列左側を確保しました。ここから乗ったのは、ザックを背負った外国からの方とバス旅好きそうな日本人、そしてSUNQパスを持ってニヤニヤしている私の4人でしたが、国道沿いに停留所からまとまった乗車があり、あわせて15人ぐらいで別府を後にします。
別府を出て、由布岳への山越え区間に入りましたが、天気はいまひとつのままで、急坂を上がっていくにつれて雨雲に入ったようで、視界も悪くなってきました。峠を越えると湯布院の町が見えてくるようですが、この天気では仕方ないです。それでも降りていく中腹から景色を見ることが出来ました。

173

湯布院のバス停からまとまった乗車があり、中国系のグループのようで車内は賑やかになってきました。そのグループはここから先の区間のくじゅう登山口で下車しました。代わりにトレッキングのグループが乗車したり、人気の黒川温泉でまとまった乗降があったりします。意外に短区間の乗車が多いみたい。私はその様子を左側最前列で見ています。何度目かの峠を越えて阿蘇のカルデラに入っていきました。天気も回復してきたので、峠越えの区間では良い景色を堪能出来ました。

« 鹿児島から大分への夜行バス「トロピカル号」 | トップページ | 益城インターで乗り換え »

九州バス旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九州横断バス:

« 鹿児島から大分への夜行バス「トロピカル号」 | トップページ | 益城インターで乗り換え »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31