無料ブログはココログ

« クラクフのトラム車両その2 | トップページ | クラクフ中央駅 »

2015年7月 5日 (日)

クラクフのトラム車両その3

クラクフのトラムでも低床車両の導入が進んでいます。

123

↑この車両の出自はよくわからないのですが、ネット上の情報を総合すると、ウィーンからの2車体3台車の中古車に低床車両を挿入して、3車体4台車の部分低床車にしたものです。編成の中央のドアだけが低床になっています。クラクフに限らず欧米のトラムでは何処からのっても何処で降りても良い、乗客が自分でチケット操作をする信用乗車制なので、このような部分低床車が使われているケースも多いです。

122

↑こちらはボンバルディア社のNGT6シリーズで2000年頃から導入されています。

119

製造年の違いで、前面スタイルに違いがありました。こちらは後期タイプです。


102

↑ボンバルディアの最新型車両でNGT8シリーズで2012年から導入されています。これら新しい車両の導入で、旧型トラムが置き換えられていくでしょう。

« クラクフのトラム車両その2 | トップページ | クラクフ中央駅 »

ポーランド鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/62565497

この記事へのトラックバック一覧です: クラクフのトラム車両その3:

« クラクフのトラム車両その2 | トップページ | クラクフ中央駅 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31