無料ブログはココログ

« ワルシャワの鉄道博物館 | トップページ | アウシュビッツを訪ねる »

2015年6月30日 (火)

ワルシャワで警官に囲まれる

ワルシャワでの街歩きを中断してポーランドの古都クラクフへ列車で移動します。4時間ぐらいかかるので、私の旅の供はもちろんビールです。幸いなことにワルシャワ中央駅に直結した地下街にスーパーがあり、多くの品種が安く買えます。この点では先に訪ねたイタリアのミラノ中央駅周辺とは大違いです。適当に3品種を2本づつ購入してホームへ。

012

発車まで時間が有ったで、ホームの端にあるベンチで休憩しつつ1本目をプシュ。異国の駅で飲むビールは美味しいなぁとのんきに飲んでいたのですが、1本目を飲み終える頃にホームを巡回している警察官に囲まれてしまいました。最初は異国からの旅行者を興味深くチェックしているのかと思ったのですが、表情が厳しいです。

警「英語は話せるか?」
私「少しだけ」
警「ここで酒を飲んでいけない!」
私「???」
警「知らなかったのか」

どうやらポーランドでは公共の場での飲酒は駄目みたい。パスポートと乗車券をチェックされ注意で済みました。ついでに聞いてみました。

私「車内では飲めるのか?」
警「駄目だ。ビールはカバンに入れてチャックを閉めるように」

車内でも駄目なのか、、、。
後日に有識者に聞いたら、ポーランドをはじめ旧ソ連をはじめ東欧諸国では、アルコール中毒対策で、飲酒に対する取締りが厳しいとのこと。そう思えばアエロフロートの機内でアルコールの提供がなかったのは合点がいきます。ドイツあたりとは事情が違うなーと思いつつ、郷に入れば郷に従え、との言葉通りで、私は車窓を眺めながらのビールを諦めました。

« ワルシャワの鉄道博物館 | トップページ | アウシュビッツを訪ねる »

ポーランド鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワルシャワで警官に囲まれる:

« ワルシャワの鉄道博物館 | トップページ | アウシュビッツを訪ねる »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31