無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月の4件の記事

2015年2月23日 (月)

常陸野ブルーイング・ラボ

新しく出来たクラフトビールの施設、常陸野ブルーイング・ラボへ行ってきました。

Img_2492

場所は東京の万世橋。秋葉原駅から歩いても10分とかからない便利な場所です。中央線の高架下で目の前には神田川が流れています。以前は此処に交通博物館がありましたが、鉄道博物館として大宮へ移転したので、商業施設として再開発されました。秋葉原から歩いていくと神田川の橋を渡った直ぐの目立つ場所に常陸野ブルーング・ラボが入っています。

Img_2493

新しい店らしく、おっしゃれーな雰囲気です。

Img_2496

高架下なので店内は狭めです。その店内を更に狭くしているのはビールの醸造設備です。この設備を使ってビールの体験醸造が出来る、というのがこの店の売りなので仕方ないですね。

Img_2495

私は壁際のカウンター席でビール。高架下なので電車の走る音がかすかに響いてきます。この雰囲気はなかなか良し。カフェ的な使い方の方が良さそうです。もちろん木内酒造さんも解っているようで、午前11時から営業しています。アキバへの買物ついでにちょっと飲もうか、、、通ってしまいそうです(笑)。

2015年2月 3日 (火)

田沢湖温泉めぐり

たざわこ芸術村に泊まった翌日は田沢湖周辺の温泉めぐりをするのが、いつものパターン。今回は田沢湖高原温泉郷のアルパこまくさへ。

Img_2853

田沢湖を見下ろす山腹にある温泉施設で、駒ケ岳の防災ステーションを兼ねているので、建物は立派です。

20150202_111914

4畳半ほどの湯船が2つ。平日の昼間なので独り占めです。硫黄の香りが強めなので、体に染み付いてしまいます。

この温泉施設の自慢は田沢湖を見下ろす展望露天風呂です。が、この日は源泉の温度が低いとのことで、閉鎖されていました。残念です。

Img_1854

こちらは以前に訪ねた際の露天風呂です。この温泉は暖かい時期に訪ねた方がよいのかもしれませんね。

2015年2月 2日 (月)

たざわこ芸術村で温泉&ビール

秋田内陸縦貫鉄道の後には、たざわこ芸術村を訪ねて田沢湖ビールを味わうのが、私の定番になっています。

20150202_085649

たざわこ芸術村はちょっと辺鄙な場所にあるので、角館駅から送迎バスが運行されています。このバスに何度お世話になったことか!。今回もたざわこ芸術村のホテルに宿泊します。冬の日~月なのでお得なプランが設定されてるので、コストパフォーマンスが良いです。

20150201_171601

早めにチェックインしたので、まずは食事処ばっきゃで夕食です。1時間飲み放題に小皿料理3品を付けて2000円。こちらもコストパフォーマンスが良いです。食事を楽しんで、部屋に戻ってしばしの休憩してから温泉施設へ。

20150201_203003

再び、食事処ばっきゃへ。

20150201_204140

飲み放題コースの第二ラウンドです。飲んで食べて、酔っ払って、おやすみなさい。

20150202_073132

ぐっすり寝て、起きて、朝風呂です。この時期は宿泊客が少ないようで、浴場を独占です。朝からのんびりまったりしています。これらの楽しみがあるからたざわこ芸術村訪問はやめられません。

2015年2月 1日 (日)

秋田内陸縦貫鉄道への冬汽車旅

真冬に秋田内陸縦貫鉄道を訪ねることを、毎年の恒例にしています。わざわざ寒い時期に行かなくても・・・とよく言われますが、やはり行く魅力があるのです。

20150201_105102

旅のスタートは角館駅。東京からは秋田新幹線こまちを使えば乗換え無しでいけるので便利です。日曜日だったので通学の生徒さんの姿は無く、かわりに台湾からの団体さんが乗車していました。アテンダントさんも乗務して、中国語の案内をしていました。

20150201_113817

進むにつれて雪が深くなってきました。秋田内陸縦貫鉄道は日本有数の豪雪路線で、沿線の秋田杉に雪が積もった姿はとても美しいです。この雪景色を見るために毎年通っていると言っても過言ではありません。

20150201_130437

最近になって加わった魅力が、阿仁合駅で営業している「こぐま亭」です。以前は地元のおばさん達が切盛りしている食堂でしたが、東京の有名店で修行されていた地元出身のシェフが加わり、洋食屋さんとして再出発しました。お味はかなりイケています。

20150201_125441

今日のメニューは馬肉オムハヤシライス。なかなかのボリュームと美味しさで満腹です。

今回は割愛しましたが、沿線には温泉が数多く湧いていますので、列車に乗ってお湯巡りも出来ます。魅力いっぱいの秋田内陸縦貫鉄道なので、また来年も訪ねることでしょう。




« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30