無料ブログはココログ

« チューリヒ市街地へ寄り道 | トップページ | 宿の前は廃線跡 »

2015年1月 5日 (月)

ミラノの宿は危険地帯?

スイスのチューリヒに寄り道したので、本来の目的地であるイタリアのミラノには深夜の到着になってしまいました。宿は日本でネット予約しています。さすがに疲れたので宿に入って寝たいです。マルペンサ空港に着いて、ガイドブックに書いてある通りに中央駅へのバスに乗ります。運賃は10ユーロなり。1時間弱でミラノ中央駅に到着しました。これから宿に向かいます。

とあるガイドブックでは、ミラノ中央駅付近、とくに東側のエリアに関しては治安が良くない、と警告しています。夜の一人歩きは避けるべきと強調されていました。

私が予約していたホテルは、まさにこのエリアでした。そして私、まさに一人歩きなのです。

このような事前の情報で、バスを降りてもビビッていました。ホテルを探してウロウロしました。ミラノ中央駅に面した大規模ホテルの影になっているエリアです。確かに出稼ぎ?のアフリカ系アジア系の方が多い場所でした。ミラノに限らずその地の異民族が集まるエリアの治安は???、それは東京でも同じです。

でも私はアジア系です(笑)。どうやらこの地に住む人と思われたようで、怪しい方々は寄ってきませんでした。1月1日の深夜でも営業しているスーパーに入ったら、アフリカ系の人たちがたむろしていました。仲間だと思われたのでしょうか、危険な雰囲気を感じることなく、買物を済ませました。


注意!
ミラノの街中でも、やはり雰囲気が良くない地域ではあります。海外旅行に慣れていない方、女性の方は避けた方が良いエリアです。

« チューリヒ市街地へ寄り道 | トップページ | 宿の前は廃線跡 »

イタリア鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミラノの宿は危険地帯?:

« チューリヒ市街地へ寄り道 | トップページ | 宿の前は廃線跡 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31