無料ブログはココログ

« トリエステの登山トラム(その1) | トップページ | トリエステの登山トラム(その3)S.Anastasio電停 »

2015年1月20日 (火)

トリエステの登山トラム(その2)

オベルダン広場Piazza Oberdanから数分の最初の電停、Piazza Scorcolaに着きました。

Img_2695_2

Piazza Scorcol電停は通りの角に余白みたいなスペースでした。隣の通りは郊外へのルートらしく、バスやバイクがアクセルをふかして走っていきます。

Img_2334

Piazza Scorcola電停に待っていたのは、何とも奇妙な塊でした。これがトリエステのトラムを世界に知らしめているモノなのです。トリエステのトラムは、平地を走るトラムをケーブルカーのシステムを使って急坂を強引に押し上げる、世界でも稀な運行をしています。このケーブルカーの区間は799メートル、高低差は160メートル、最も急な勾配は260パーミルとのこと。

Img_2413

トラムは押し上げるケーブルカーの搬器(wikipediaではtractorと記載されていました)の前に出ます。

Img_2343

搬器の前に出て、ゆっくりゆっくり搬器に近づきます。この間にポイントが切り換ります。ケーブルカーのシステムと鉄道のシステムのハイブリッドを使っているので、ポイントは複雑です。

Img_2344

ゆっくり後退して搬器と合体します。

Img_2317

再び搬器の画像。こちらは山上側です。

Img_2487

搬器と合体するトラム。当然ですが山下側です。

Img_2450

搬器とトラムの合体のシーン。急坂を押し上げるだけなので連結はしません。

Img_2423

準備が整って、トラムは発車してゆきました。

Img_2357

トラムは搬器に押し上げられて、ゆっくりと急坂を登ってゆきます。

« トリエステの登山トラム(その1) | トップページ | トリエステの登山トラム(その3)S.Anastasio電停 »

イタリア鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリエステの登山トラム(その2):

« トリエステの登山トラム(その1) | トップページ | トリエステの登山トラム(その3)S.Anastasio電停 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31