無料ブログはココログ

« ブッパータールのモノレール | トップページ | 秋田内陸縦貫鉄道への冬汽車旅 »

2015年1月29日 (木)

デュッセルドルフの奇人亭

日本への帰国便は20時の出発ですから、デュッセルドルフで夕食を兼ねて名物のアルトビールを飲み歩くことにしましょう。

Img_3096

アルトビールを飲ませてくれる店があるエリアには地下鉄Uバーンを使ったほうが便利なのですが、私はトラムを使います。適当に乗ったら、思い切りあさっての方向に連れて行かれたのであせりました。路線図を確認して、改めて飲食店街へ。

Img_3178

最寄の電停付近は、クルマの乗入が制限されているトランジットモールです。日本の感覚では歩行者天国にトラムが乗入れてくる感じです。車両は数タイプが活躍していますが全てのが低床車両でした。ミラノのような旧型のトラムは引退してしまったようで、マニアックにはちょっと残念です。

Img_3138

デュッセルドルフのアルトビールの店での定番はツム・ユーリゲでしょう。名前を訳すと奇人亭。何でも創業者がかなり変わり者で、この名前が付けられたとか。真偽はともかく建物のてっぺんには風見鶏ではなくて奇人が踊っています。もっとも創業者以上に奇人なのは、わざわざ日本からビールを飲み来た、この私でしょう(笑)。

Img_3145

Img_3197

店内の様子です。老舗の店らしく、落着いた雰囲気の内装です。アルトビールは木樽に詰められて、伝統的な細長いグラスに注がれます。1杯注文するとコースターに鉛筆で線が引かれて、伝票代わりになっているようです。

Img_3196

こちらがユーリゲのアルトビール。日本にも輸入されていますが、やはり現地で飲むのは別格です。色合いからモルト感が強めかと思っていましたが、意外にもフレッシュ感がある軽い味わいです。これだったら何杯もいけます、、、という訳でしっかり飲み過ぎて(笑)、日本への帰国便は熟睡でした。

« ブッパータールのモノレール | トップページ | 秋田内陸縦貫鉄道への冬汽車旅 »

イタリア鉄道旅行」カテゴリの記事

ビールの店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/61333667

この記事へのトラックバック一覧です: デュッセルドルフの奇人亭:

« ブッパータールのモノレール | トップページ | 秋田内陸縦貫鉄道への冬汽車旅 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30