無料ブログはココログ

« ミラノを今でも走る旧型トラム | トップページ | ミラノの作業用車 »

2015年1月 9日 (金)

現代のミラノのトラム車両たち

先の記事ではミラノを走る旧型車両を紹介しましたが、こちらでは現代のミラノのトラム車両たちを紹介します。

Img_0085

イタリアのAnsaidoBreda車でのミラノのトラム車両たち。ヨーロッパの各都市で導入が進んでいるステップ無しの低床車両です。黄色がベースの車両は5車体25メートルの短尺バージョンです。

Img_1842

緑色の車両は7車体35メートルの長尺バージョンです。

P5022496

こちらの斬新なデザインはユーロトラムと呼ばれる車両群。ミラノへの登場が2000年と10年以上前というのが驚きです。

Img_0108

1番多く見られたのが角ばったスタイルの車両。イタリア公共機関共通のオレンジ色に塗られています。

Img_0150

この車両を更新修繕したタイプも見られました。塗装も斬新なものに変更されています。

Img_0178

やや古めの車両たちも元気にはしっています。オリジナルのオレンジ色からミラノの標準色である黄色と白の塗分けに変更されています。4600と大きく書かれているので4600型なのでしょう。

と、鉄ちゃん写真ばかりで、数少ない読者も辟易しているでしょうから、風景も映しこんだ画像も紹介しましょう。

Img_1927

ミラノ最大の建造物のひとつ、中央駅の西側はトラムの折返し場を兼ねた規模のある電停になっています。運良く低床車両が2本並びました。

Img_0260

ミラノの中心街は、いかにもヨーロッパという街並みに覆われていますが、中心街を外れると街路樹の下を走る専用軌道区間があります。此処では多くの系統が走っているので、様々なタイプのトラムが走ってきます。

Img_0457

REPUBBLICA電停付近の区間は特に雰囲気が良く、私は夢中でシャッターを押しました。先に紹介した旧型トラムもこの区間を走るので、合わせて撮影することが出来ます。

もしミラノを訪れる機会がありましたら、これまで紹介したトラムを使っての街歩きをお勧めします。



« ミラノを今でも走る旧型トラム | トップページ | ミラノの作業用車 »

イタリア鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現代のミラノのトラム車両たち:

« ミラノを今でも走る旧型トラム | トップページ | ミラノの作業用車 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31