無料ブログはココログ

« 万葉線の延長区間に乗りにゆく | トップページ | 高山線に乗ってY.Market Brewingへ »

2014年8月20日 (水)

北陸新幹線開業間近の富山駅

高岡からすこし戻って富山へ。

北陸新幹線開業に合わせて、北陸地方の主要駅は大規模リニューアルが行われています。先ほどの高岡駅は新幹線が接続しないにも関わらず(新幹線は郊外の新高岡駅を通ります)、駅舎を駅ビルと一体化したものに建て替えたくらいですから、新幹線が直接乗入れる富山駅は、駅全体が大絶賛工事中でした。

1108

まるで迷路のような仮設通路を歩いている時に見つけたのは、富山駅に乗入れる路面電車の軌道でした。まだ線路を敷く前のコンクリートのスラブですが、これが完成すると富山市内を走る路面電車が新幹線の高架下に直接乗入れてくることになります。

1107

完成すると乗入れてくる路線のひとつ、セントラム9000形です。通常は富山都心線を含む環状系等で使用されています。先の高岡の万葉線と同じく低床車両です。富山市の中心地のショッピングセンターの総曲輪の前を走っています。

富山市の路面電車網は大きな変化が今後に展開されます。第一段階として、北陸新幹線開業に合わせて、新幹線の高架下に電停が設置されます。第二段階として、在来線の高架工事が完成した際に、鉄道によって分断されている富山市北部エリアとの路線の開通、いわゆる南北スルー化され、富山ライトレールとの乗入れが始まります。この富山市の路面電車中核にした公共交通機関の再編として大いに注目されているのです。

乗りつぶし系鉄道ファンとしては、これらの計画が実現するたびに富山へ通うことになります。もちろんそれが楽しみであることは言うまでもありません。

 




« 万葉線の延長区間に乗りにゆく | トップページ | 高山線に乗ってY.Market Brewingへ »

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/61464796

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸新幹線開業間近の富山駅:

« 万葉線の延長区間に乗りにゆく | トップページ | 高山線に乗ってY.Market Brewingへ »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30