無料ブログはココログ

« 富山県のトラムめぐり | トップページ | 北陸新幹線開業間近の富山駅 »

2014年8月20日 (水)

万葉線の延長区間に乗りにゆく

スワンレイクビールを訪ねた日は直江津に泊まり、翌日は更に日本海に沿って進んでゆきます。

1097

直江津駅に並ぶ車両たち。右側の車両はJR西日本のもので、2015年春に北陸新幹線が開業と同時に第三セクターに移管されますから、最後の夏を走ってることになります。

1096

直江津駅は3方向から路線が集まる鉄道の要所で、古いレールで組まれた大きなホーム屋根が特徴的です。

1098

さて今日の最初の目的地は富山の高岡です。高岡駅は新幹線の開業に合わせて駅舎を一新させました。その駅舎と一体化した駅ビルの1階に万葉線のホームが新たに作られ、乗入れるようになったのです。以前は駅前交差点の先に有った路線が延長され、とても便利になりました。それは良いのですが、日本の鉄道全線完乗を宣言している者にとっては、この延長区間を乗りに行かなければならないのです。距離にして0.1kmほど。馬鹿馬鹿しい限りですが、しかたないです。

1102

乗ってしまえば、あっという間に乗り終えてしまいますから、もう少し乗って撮り歩いてみましょう。万葉線では新しい低床車両への置換えが進んでいます。富山市の富山ライトレールと同系の車両ですが、色合いの違いでずいぶん印象が違います。

1103

従来からの車両も使われていますが、この車両がなんと冷房無しでした。夏の運用にはちょっと厳しいようで、早めの置換えがよろしいかと思いますね。

« 富山県のトラムめぐり | トップページ | 北陸新幹線開業間近の富山駅 »

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/61464609

この記事へのトラックバック一覧です: 万葉線の延長区間に乗りにゆく:

« 富山県のトラムめぐり | トップページ | 北陸新幹線開業間近の富山駅 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31