無料ブログはココログ

« 高山線に乗ってY.Market Brewingへ | トップページ | サントリー白州蒸溜所を訪ねる汽車旅(その1) »

2014年8月25日 (月)

ベアードビールの新工場を訪ねる

2014年での、クラフトビール業界の話題の1つはベアードビールの新工場の稼動開始でした。私も早速、、、ではありませんが、夏の終わりに訪ねてきました。

20140825bb071

鉄道で行く場合には、JR東海道本線もしくは東海道新幹線の三島駅から伊豆箱根鉄道に乗り換えて修善寺駅まで行くことになります。JRの特急「踊り子」を使えば、東京駅から乗換え無しで行けるので、意外に便利です。

20140825bb072

伊豆箱根鉄道の修善寺駅からバスで15分ぐらいのバス停「ラフォーレ修善寺入口」で下車してベアードビールの新工場へ向かいます。運転本数は1時間に3本程度あるので、使いやすいです。

20140825bb073

バス停からは農地の脇の農道のような道を歩いてゆきます。この先にベアードビールがあるの?と思ってしまうような、細い道です。

20140825bb074

道は突然に2車線の堂々たるものに変ります。どうやら将来的に道が整備されるようです。

20140825bb076

ベアードビールの新工場の建屋はとても堂々としています。電化製品を作っていそうな綺麗な工場でした。

20140825bb077

エレベーターで3階にあがります。ここには工場併設のTaproomがあるのです。エレベーターホールにはビールの器具が展示されています。これは10年以上前に沼津で産声をあげたベアードビールが創業当時に使っていたものだそうです。私も見覚えがありますねぇ(笑)。

20140825bb078

Taproomには広いスペースが取られています。将来的にはもっとテーブルが置かれることでしょう。

20140825bb079

さすがベアードビール工場併設のTaproomで、限定物をふくめ多くの銘柄を飲むことが出来ます。

20140825bb080

私はサンプルセットをベースに好みの銘柄を加えて、何杯も飲ませて頂きました。此処でしか飲めない銘柄もあるようなので、ベアードビールファンには必ず訪ねて欲しい場所ですね。

« 高山線に乗ってY.Market Brewingへ | トップページ | サントリー白州蒸溜所を訪ねる汽車旅(その1) »

ビール:中部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベアードビールの新工場を訪ねる:

« 高山線に乗ってY.Market Brewingへ | トップページ | サントリー白州蒸溜所を訪ねる汽車旅(その1) »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31