無料ブログはココログ

« Deschutes Brewery | トップページ | シアトルの乗り物 »

2014年7月12日 (土)

Amtrakに乗ってポートランドからシアトルへ

アメリカ旅行の後半はワシントン州シアトルへ。移動は飛行機が一般的なのでしょう。ポートランドもシアトルも空港アクセスにはライトレールが有るので不便ではないですし、日本からの国際便と一緒に手配すれば割安で搭乗することが出来ます。でも私はあえてAmtrakの鉄道便を使うことにしました。何故に?、鉄ちゃんだからです(笑)。オレゴン州最大の都市ポートランドと、ワシントン州最大の都市のシアトルはAmtrakで3時間ぐらいで、ちょうど良い汽車旅ですし、実際に需要もあるようで、Cascade号が5往復ほど運転されています。

Amtrak013

ポートランドのCentral Stationはアメリカの旅客輸送が華やかな頃の面影をとどめている堂々たるもの。中央の塔には当時のキャッチフレーズ、GO BY RAILのサインが掲げられています。

Amtrak014

大理石の内装のホールには大きな木製のベンチが並べられています。

Amtrak015

こちらは駅のInformation。堂々たるカウンターの背後に掲げられた時刻表、、、本数は寂しいものです。

Amtrak017

発車20分ほど前から改札が始まります。私はAmtrakのサイトから予約していたので、予約内容を記した返信メールをプリントアウトしたものを提示し、乗車券を受け取ります。一連の手続きは日本人の感覚でいう鉄道より航空機に近いものです。
Amtrak019

跨線橋はありませんので、他の乗客と一緒に線路を横断します。私がのるcascade号の隣には、何やら怪しい車両が止まっていました。イベント用の車両でしょうか?。

Amtrak021

アメリカ旅行は2度目で、サンフランシスコのトラムやライトレールには乗っていますが、普通の鉄道に乗るのは初めてです。アメリカサイズのダブルデッカーの堂々たるステンレス客車を想像していたのですが、シアトル行きCascade号はスペインから導入されたタルゴ車両で、思い切り拍子抜けです。

発車して暫くはポートランドの物流エリアの雑然とした車窓を進んでいきます。コロンビア川を渡ってオレゴン州からワシントン州へ、、、、のはずですが、コロンビア川を目前にして突然の停車です。車内アナウンスによるとコロンビア川を航行する船を通しているようです。コロンビア川を渡った最初の停車駅、ワシントン州バンクーバーへは30分ほどの遅れで到着しました。

遅れを取りも戻すかのように、Cascade号は快調に飛ばします。沿線の風景はなかなか良い。北海道をさらに広げた風景、コロンビア川のリバーサイド、シアトルに近づくと湖沼の穏やかな水面が広がってきます。ポートランド→シアトルでは左側に座った方が良さそうです。

Amtrak023

Cascade号は、途中で5箇所ほどの駅に止まります。意外にも乗降客があり、空港が無い小規模な町のお客さんを拾っているようです。ほぼ定刻にシアトルに到着した時には車内はほぼ満席でした。

ホームから駅舎へ向かう途中に見たアメリカンサイズの2階建て車両。シアトルの近郊列車みたい。これに乗ってみたかったのです。

« Deschutes Brewery | トップページ | シアトルの乗り物 »

ポートランド」カテゴリの記事

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/60263766

この記事へのトラックバック一覧です: Amtrakに乗ってポートランドからシアトルへ:

« Deschutes Brewery | トップページ | シアトルの乗り物 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31