無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の3件の記事

2014年5月16日 (金)

地図と測量の科学館

昨日はつくば市にある国土地理院の展示施設「地図と測量の科学館」に行ってきました。地図好きの人には聖地です。今回は同じく地図大好きな友人を誘って訪ねたのですが、2人でぎゃあぎゃあ言いながら展示を見て、入場無料が申し訳ないぐらいに楽しませていただきました。

Photo

入ってすぐのホールにある日本のほぼ全体を収めた3D地図。赤青の色眼鏡を通すと、日本の国土が立体的に見えます。このホールを抜けるのに1時間かかってしまいました(笑)。

02

高校生の地理の授業で習った、なんとか構造線。3Dで見ると一目瞭然です。右側は千曲川の流れ。

01

屋外展示の見どころ、日本列島球体模型で、縮尺は20万分の1、市販されている地勢図と同じです。貼られているタイル1枚が市販されている1/200,000地勢図と同じ大きさです。1枚の大きさは東西が1度ずつ、南北が2/3度ずつです。これを16等分すると1/50,000地形図、64等分すると1/25,000地形図と同じ大きさになります。

02_2

私の目線が地図上から1.5メートル、1/200,000なので地上から300,000メートルの目線から日本列島を見ていても、私が立っている佐渡島周辺からから小笠原や沖縄は見えないのです。日本最西端の与那国島と最東端の択捉島の上にそれぞれ立つと、お互いの腰ぐらしか見えません。改めて日本の国土の広さと地球の丸みを感じます。

続きを読む "地図と測量の科学館" »

馴染みのバッグ

ここ数年の私服の私と会った方にはご存知だとは思いますが、ずっと愛用していたショルダーバックがお釈迦になったので引退させました。

20140515_140112

このバッグを買ったのは、2011年のサンフランシスコ旅行の際で、サンフランシスコ鉄道博物館の土産物コーナーに無造作に並べられていたものですが、シンプルで実用的なデザインが気に入って購入しました。シールだけどロゴも入っているので、後でアメリカで買ったんだ~!と自慢しようと思っていたところ、後でタグを見たらインド製というオチが後に付きました。でも自分にとっては使いやすい形と大きさだったので、日ごろの通勤だけでなく旅行にも大いに重宝しました。インドで生まれサンフランシスコに売られ、日本の私に買われてからは一緒に2012年にはヨーロッパ旅行、シンガポール経由のオーストラリア旅行、2013年の東欧旅行、ドイツ・オーストリア旅行、その間の日本国内旅行で日本全国へと、一緒に行動したので、あちこち擦り切れていましたし、肩掛けが半分以上千切れたので寿命でしょう。そろそろ夏の旅行シーズンを迎えるので、次のバッグを探さなくてはね。

2014年5月 4日 (日)

宮多ビール

ビール醸造所の新規開業が続いています。東京の下町にも開業したようなので、さっそく行ってきました。場所は錦糸町駅から押上駅方面へ北上する四つ目通りと春日通りの交差点のすぐ近く。どちらの駅からも徒歩で15分ぐらいです。都営バス草24系統(浅草寿町←→東大島)に乗って横川三丁目で降りれば、(特に浅草寿町→東大島に乗れば)目の前です。

20140504061

派手な看板は無いので通り過ぎてしまいそうです。下町の密集地らしく間口は狭めで、一見すると地元のラーメン屋さんみたいです。実際のところカウンター席とテーブル席の組合せは、小規模飲食店そのものです。違うのはカウンター席に座ると、ビールのサーバーと、醸造設備が見えることでしょう。ビール醸造所の規模としては日本のマイクロブルワリーのようです

20140504062

この日は2つのビールが提供されていました。ゴールデンエールとペールエール(←やや濃色)が定番のようです。美味しいですね。良いですね。この醸造規模でこの味を出せるのはかなり頑張っています。

今後も地域のビール屋さんとして定着できるよう、願っています。







« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30