無料ブログはココログ

« Campion Ale | トップページ | ヨロッコビール »

2014年2月27日 (木)

札幌市電とポラリス

先日、札幌に行った際に、札幌市電を乗り歩いてきました。

487

運転区間は西4丁目←→すすきので、路線距離は8.41km、停留場は23。人口100万人以上の札幌市の都市規模としては、とても小さな路面電車網です。走っている車両は、昭和30年代に製造された旧型車両と、昭和60年代に製造された、まぁ新しい車両が主力ですが、どちらも路面上の電停からヨイショとステップを上がる、古いスタイルの路面電車です。

484

こちらが、2013年にデビューした低床車両のA1200型です。愛称名は北の大地を象徴する北極星から名前をとり、「ポラリス」と名づけられました。

485

3両編成の中間車は車椅子用のスペースが確保されて、広々としています。

486

札幌市電では2015年に路線を延長し、市電をループ化します。過去に路線廃止を繰り返して縮小の一途をたどった札幌市電の復権として期待されています。そのシンボルが新型車両の「ポラリス」です。私も延長開業したら、真っ先に乗りに行こうと思っています。

« Campion Ale | トップページ | ヨロッコビール »

汽車旅」カテゴリの記事

鉄道趣味」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。はじめまして。
札幌の路面電車がLRTとして再出発することを歓迎したいですね。
利用しやすい車両であると同時に、何も意識せずに使ってしまうようなシステム──乗りやすい停留所や適正な運賃、頻発運転、カニバリを起こす競合交通機関の整理などによって、支持を得られる輸送機関に復活して欲しいと願っています。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/59205840

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌市電とポラリス:

« Campion Ale | トップページ | ヨロッコビール »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30