無料ブログはココログ

« ミュンヘンのビアホールで飲む | トップページ | シェーンブルン宮殿 »

2014年1月16日 (木)

オーストリアのrailjet

ドイツ・ミュンヘンからオーストリアウィーンへの移動は、オーストリア鉄道自慢の高速列車railjetです。私が乗るrailjet261便はミュンヘン17時34発車でウィーン着は21時30分。4時間の長旅ですし、日本なら年末年始の繁忙期なので旅行会社を通じて早めに予約をしておいたら、早め予約の特典で同じ料金で1等車にアップグレード出来るとのこと。ヨーロッパの鉄道には何度か乗っていますが、1等車は初めてなので乗車前から興奮気味です。

railjetは機関車牽引の客車列車で7両編成のプッシュ・プル、最高時速は230km/h。そのような情報はネット上で解るからはやく実車を見たいのですが、なかなか入線してきません。駅のアナウンスは何やら告げています。ドイツ語なのでもちろん解りませんが、何となく解る単語と同じく入線を待っている方々の表情を見ていると、折り返し列車となる16時32分着のrailjet62便が遅れているみたい。この列車はハンガリー・ブダペストを09時10分に出発してオーストリアを経由してドイツ・ミュンヘンへと走る長旅の国際列車だから仕方ないのかもしれませんね。

Railjet01

折り返し列車となるrailjet62便は16時32分着だったのですが、実際に到着したのは17時15分ぐらいでした。45分ぐらいの遅れですね。おかげで車内清掃も大急ぎでやったようで、私の席には列車ごとの時刻が掲載されている小冊子が残されていました。それで私が乗車したrailjet261便だけでなく折り返し列車の情報を得ることが出来ました。

Railjet02

チケット手配をお願いした旅行会社さんとはの気配りで1等車両での快適な旅が出来ました。さらに依頼のメールのやりとりで面白かった部分を紹介しましょう。

>※Railjet機材。一人掛け座席。進行方向です。景色の妨げとなる柱位置を避けて確保。

railjetに限らず、ヨーロッパの開放型の座席は、方向転換が出来ないことが多いです。窓割りとシートピッチが合っていないことも多い。日本の鉄道に乗りなれていると???な箇所ですが、地域がらなのでしょう。旅行会社さんの配慮で、快適なrailjetの旅でした。

« ミュンヘンのビアホールで飲む | トップページ | シェーンブルン宮殿 »

オーストリア・ウィーン旅行」カテゴリの記事

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/59288446

この記事へのトラックバック一覧です: オーストリアのrailjet:

« ミュンヘンのビアホールで飲む | トップページ | シェーンブルン宮殿 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30