無料ブログはココログ

« ベルリン郊外ケーペニック | トップページ | ミュンヘンのビアホール »

2014年1月11日 (土)

夜行列車でミュンヘンへ

ベルリン滞在を終えて夜行列車に乗ってミュンヘンへ。個室寝台Sleeping Carも連結されていますが、私は簡易寝台Couchetteです。4人部屋を予約していて、相部屋の相手はバックパッカーの若い男性と思っていたら、意外にも女性3人でした。でも私よりどう見ても年上のオバ様で、かなり旅慣れている様子で、発車して小一時間おしゃべりに夢中でしたが、さっさと毛布を被って寝られてしまいました。

017

クシェットでは誰と同部屋になるか解らないので、それが楽しみであり不安なところでもあります。ネット上では男女は区別しているとの情報を見たことも有りますが、それが確実ではないのは、この旅行で体験した通りです。

クシェットの車内はドイツらしく頑丈な造りではありましたが、ごく普通の様式で、保護柵があるのは日本の寝台と同じです。あと、クシェットは日本のB寝台と似たような構造で、通路側に仕切りがあるので、日本のブルートレインにあった「カルテット」と同様な構造になっています。上段には荷棚があり、セキュリティ上で有利とのとこでこちらを利用しました。

018

クシェット車両はドイツの鉄道車両の中では旧型のものが使われていますが、寝台車Sleeping Carには新しい車両も使われているようです。これが2階建て車両でした。ドイツでも2階建て車両は珍しくありませんが、このようなスペース効率を追求した作りかたは、何と無く日本的だなぁと思ってしまいました。


019

ミュンヘン到着は翌朝の07時05分で、冬のドイツ、特に冬至に近いこの時期は夜明けが遅いのですから到着してもまだ真っ暗でした。ミュンヘン中央駅はドイツを代表する主要駅のひとつで、頭端駅かつ鉄骨ドームの大屋根はヨーロッパの主要駅の典型ですが、他の駅とちょっと雰囲気が違うのは、車止めの先にある飲食スペースがとても充実していることです。夜行列車明けの休憩、早朝に出発される方で賑わっていましたが私は別の場所に・・・・。

« ベルリン郊外ケーペニック | トップページ | ミュンヘンのビアホール »

ドイツ・ベルリン旅行」カテゴリの記事

ドイツ・ミュンヘン旅行」カテゴリの記事

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/59241162

この記事へのトラックバック一覧です: 夜行列車でミュンヘンへ:

« ベルリン郊外ケーペニック | トップページ | ミュンヘンのビアホール »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30