無料ブログはココログ

« 成田空港へのアクセスバス | トップページ | ひでじビール »

2013年8月18日 (日)

佐臼ライナー

大分空港へは、15分ほどの早着でした。バスへの乗り継ぎがやや厳しくて、もしかしたら、と思っていただけに拍子抜けです。

147


今日の目的地は宮崎県の延岡市。下調べで宮崎市ゆきの高速バスがあるだろうとあれこれ探したのですが、どうやら無いようです。別府市や大分市には頻繁に運転されていますし、大分市経由で福岡市や長崎市まで運転されているのに、残念です。大分県の大分交通、宮崎県の宮崎交通のテリトリーの狭間になっているようです。

148

さて私の行程では大分市からJRで移動するのが簡単ですが、こちらはSUNQパスを持っているので、なるべくバスを使いたい。そこで探し出したのが、宮崎県の県境に近い佐伯までの高速バス「佐臼ライナー」でした。大分空港から大分県南部の佐伯と臼杵を結んでいるから「佐臼ライナー」。南を意味するsouthと掛けている名前はなかなか面白いです。この路線は聞き覚え無いなぁと思っていたら、本格運行へ向けての実証実験路線だったのです。1日6往復で使っている車両は高速仕様、かつ1+2の3列シートのゆったりしたもの。自由席で早めにバス停付近に居たので、最前列左側の特等席を確保しました。私はバスには詳しくないので、何処のメーカーのどのシリーズかは解りませんが、車内に設けられたモニターがブラウン管式だということ、内装のクロスがかなり痛んでいるところを見ると、この車両はかなりのベテランというのが解ります。

佐伯までの大分自動車道は意外に高低差があり、遅いトラックが進路をふさぎますが、ベテランバスは健脚振りを発揮します。バスを操る運転手さんのハンドルさばきも見事です。これから4日間、九州のバス運転手さんの熱い走りを体験することになります。

« 成田空港へのアクセスバス | トップページ | ひでじビール »

九州バス旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐臼ライナー:

« 成田空港へのアクセスバス | トップページ | ひでじビール »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31