無料ブログはココログ

« タトラカーの工場と廃線跡 | トップページ | タトラT3型の後継車両たち »

2013年6月16日 (日)

プラハのビール工場

先の紹介したトラムの工場を調べているうちに、地図上にビール工場の記載を見つけました。ビール工場だから併設ビアパブぐらいあるだとうと予想して、吸い寄せられるかのように行ってしまいました。

081

案の定、横道に面した場所にビジターセンターがありました。此処で飲めるようで一安心です。

080




プラハの市内散策の途中でビール工場へ足を運びました。スタロプラメンStaropramenという銘柄のビールを造っています。プラハ地元の銘柄ですが、資本的には西欧大手の傘下に入っているようです。

083

半地下のようなホールにサーバ.
ーのカウンターと案内嬢が待機していましたが、いくらチェコ人がビール好きとはいえ、平日の昼下がりには誰も居ませんでした。日本のあちこちで慣れているので、こんなことでは怯みません。もちろんビールを頼みます。

082

ビールは1杯39コルナ(約200円ぐらい)なので、ティスティング用のグラスかな、、、と思っていたら、しっかりしたジョッキが出てきてちょっと驚きです。さすがに工場直送なので、特に定番のピルスナースタイルのビールはフレッシュ感がとても良し。先に訪ねたピルスナー・ウルケルより好感を持ちました。

088_2

一緒に頼んだチップスが59コルナ(約300円)で、ビールの方が安い。チェコはビール好きにはとても素晴らしい国です。4種類全部飲んで、案内嬢に写真を撮ってもらい、昼間からすっかり良い気分になってしまいました。

« タトラカーの工場と廃線跡 | トップページ | タトラT3型の後継車両たち »

チェコ・プラハ旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラハのビール工場:

« タトラカーの工場と廃線跡 | トップページ | タトラT3型の後継車両たち »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31