無料ブログはココログ

« シンガポールでも鉄道趣味 | トップページ | Japan Craft Beer Selection 2012 の結果発表 »

2012年11月24日 (土)

旅行鞄を抱えて羽田空港を走る

オーストラリア旅行にはシンガポール航空を使いましたが、往復ともに羽田空港発着でした。成田より近いのは嬉しいのですが、到着が23時すぎなのがハイリスク。到着が遅れたら空港ロビーで夜明かしになります。幸いなことでほぼ定刻に到着し、通路を走る走る。

旅行では荷物が大きくなりがちですが、今回の旅行では(前回のポルトガル旅行でも)、いつも持っているショルダーバックを使いました。かさばる衣類は古いもの持って行き、現地で捨ててします。プリントアウトした様々な資料は現地を離れたら捨ててしまう。ガイドブックも使い終わったら現地で使ったページだけ切取って、残りは捨ててしまうので、帰国した際には本当にすっからかん。ついでに財布もすっからかん(笑)です。
荷物を少なくする、これはいつもの旅行でも、実践している私のポリシーです。荷物を少なくすると、特に飛行機の場合はメリット大きいです。最近はセルフチェックインの機会(機械)が増えたから、荷物を預けるカウンターに並ばずに済みますし、到着後に巨大回転寿司の前に並ばずに済みますからね。


それでも、時間は迫っています。到着ゲートからターミナルビルへ走る走る。入国(帰国)審査は短い列を選んで、次には税関審査。荷物はこれだけです!、申告するものは何もありません!と聞かれる前に自己申告したので、税関職員さんに「これだけですか」と呆れ顔で驚かれつつ、ショルダーバッグの中身をチェックされることもなくパスしたので、何とか自宅まで帰れそうです。

« シンガポールでも鉄道趣味 | トップページ | Japan Craft Beer Selection 2012 の結果発表 »

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/56433847

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行鞄を抱えて羽田空港を走る:

« シンガポールでも鉄道趣味 | トップページ | Japan Craft Beer Selection 2012 の結果発表 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30