無料ブログはココログ

« Museu da Caris | トップページ | リスボンでビールを飲む »

2012年7月 2日 (月)

ビールレストランのポルトガリア

「食べる」ことは旅の楽しみの1つではありますが、今回の私のように1人でのマニアックな汽車旅ですと割愛しがちになります。1人ですと店にも入りづらいですから、昼には線路脇の小さな店での軽食で済ましていたのですが、夜はしっかり食べたいものです。

170_2

リスボン中心地では道路に椅子とテーブルを出してもてなしてくれる店がいっぱい。この日は暑いぐらいの陽気だったので、涼しい夜はなおさら気持ち良いです。観光客で大賑わいでした。

114

私がお気に入りはこちら。その名もポルトガリアという店です。カイス・ド・ソドレ駅のテージョ河側から5分ぐらいの場所にあり、テージョ河の美しい景色が店内から眺められます。

このエリア一帯が、以前は川沿いの工場や倉庫が立ち並んでいたエリアで、いわゆる再開発地区で、日中は地元の若い人たちで賑わっていました。特にこの店の場所は、以前にはこの場所にビールの醸造所があったとのことで、醸造の釜がオブジェとして飾られていまし。

115

店の様子は、日本で言うファミリーレストランです。観光客が行くエリアから離れているので、お客さんは地元の方ばかり。値段も観光地価格ではなくて、手ごろです。メニューは海の幸から肉料理まで豊富なバラエティーで、まさにファミリーレストラン。一応は元ビール醸造所らしく、淡色系(恐らくピルスナー)と濃色系(シュバルツか?)の2種類がありました。リスボン旧市街にある古い作りのレストランに飽きたら、こちらもいかが。

 

« Museu da Caris | トップページ | リスボンでビールを飲む »

ポルトガル鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/55377983

この記事へのトラックバック一覧です: ビールレストランのポルトガリア:

« Museu da Caris | トップページ | リスボンでビールを飲む »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31