無料ブログはココログ

« ポルトのドン・ルイス2世橋 | トップページ | ポルト、メトロ »

2012年7月 5日 (木)

サン・ベント駅のアズレージョ

リスボンからポルトへは、300キロちょっと。ポルトガルの鉄道の高速列車も走っていますが、今回の往路はリスボンから高速バスの夜行便をバスを使ってみました。距離が短いのでポルトに着くのは午前4時すぎ。夏至に近い6月なのでそろそろ夜が明けてくる時間帯です。しかしそれは日本のはなし・・・・。

217

リスボンは西経8度くらいの場所にあるにもかかわらず、グリニッジ標準時を使っています(東側の隣国スペインは-1時間)。さらにサマータームを制度があるので、現実的には2時間ぐらいの「時差」があります。午前4時ぐらいに到着するバスを降りた時には、あたりは真っ暗。月が綺麗なまでに輝いていました。

183_4

バスを降りると、ほかのお客さんは迎えのクルマやタクシーで居なくなってしまい、初めての街、しかも異国の街に独りで放り出されてしましました。これは困った。怖いけど、やることもないので、近くのベンチに座ってじっとしていました。幸いなことにバスターミナルの近くに規模の大きな警察署があって、このあたりに治安は良いみたいです。

空が明るくなってきたので、ポルトの中心地にあるサン・ベント駅へ。用が無いのに駅に行ってしまうのは鉄道ファンの悲しい習性であります。

184

サン・ベント駅は古い街並にふさわしく、石積みの堂々たる駅舎です、その壁面をアズレージョが飾っています。アズレージョとはポルトガル名産の化粧タイルのこと。

186

188

アズレージョを組み合わせて、壁画のようになっています。大壁画はポルトガルの歴史の名場面のようです。下の画像はポートワインの積出し風景でしょうか。

早朝なので、駅には誰もおらず、じっくりとアズレージョを見ていました。ちょうどよい時間調整になったようです。

« ポルトのドン・ルイス2世橋 | トップページ | ポルト、メトロ »

ポルトガル鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/55500740

この記事へのトラックバック一覧です: サン・ベント駅のアズレージョ:

« ポルトのドン・ルイス2世橋 | トップページ | ポルト、メトロ »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30