無料ブログはココログ

« 宗谷本線の駅舎 | トップページ | 大雪ビール »

2012年1月14日 (土)

京町温泉

北海道の汽車旅ネタを休憩して、先日に九州を巡った時のネタを紹介します。

鹿児島へ行った際の帰りに京町温泉駅で途中下車。温泉という名前に惹かれたのですが、降りてみれば長いホームだけが印象的な、ごく普通のローカル駅でした。

020

京町温泉駅があるのは「吉都線」と言われてもピンとくる方は、失礼ながらこの地方に大いに土地勘がある方か、鉄道マニアぐらいなものでしょう。長いホームは、かつて蒸気機関車が客車列車を引いていた頃の名残です。

京町温泉は保養地として愛されてきたようです。それでも小さいながら飲食店街があります。今ではすっかり落ち着いた雰囲気です。。

022

すっかり落ち着いた町の中心地にも多くの共同浴場があり、地元が利用されているようです。京町温泉駅で貰ったガイドマップを片手に駅前通りをぶらぶら。人影は少ないものの、所々にかつての繁栄の面影が見え隠れしています駅前通りをざっと歩いて、建物の構えに趣がある観光温泉浴場でお湯をいただきました。湯守の方が居る建物は、地元のじーさんばーさんの井戸端会議の会場になっているようで、私が声をかけると「おーい、お客さんだよー」と呼んでもらうのどかさが印象的。

021_2

お昼前の時間だったので、この日の1番風呂だったようです。ところどころタイルがはがれているのは御愛嬌ですが、毎日しっかり清掃している様子がわかる浴室はとても心地よく、私にはやや熱めの温泉でしっかり汗を流させていただきました。

列車までもう少し時間があったので、駅前旅館のお風呂に入らせていただきました。旅館なので湯船も大きめで、シャワーの設備もあるのは、やはりありがたい。ホテルのロビーで、昼からビールを飲めるのも、これもありがたい。

« 宗谷本線の駅舎 | トップページ | 大雪ビール »

汽車旅」カテゴリの記事

温泉・銭湯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/53682532

この記事へのトラックバック一覧です: 京町温泉:

« 宗谷本線の駅舎 | トップページ | 大雪ビール »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31