無料ブログはココログ

« 新年早々に北辺の鉄路を目指す(その2) | トップページ | 稚内の夜 »

2012年1月12日 (木)

新しい稚内駅

稚内駅に着いた。以前から駅の改良工事をしていたのは知っていますが、改めて驚いた。稚内駅は日本最北端の駅として知られ、長年の風雪に耐えた駅舎はコンクリート作りではあるものの、なかなか良い味をだしていました。それが跡形もなく取り壊され、内地でもありがちの、白色系の現代建築に変わっていました。

0089

バリアフリー対応で階段はスロープに、出入り口は自動ドアで防寒対策万全。改良工事が完成すれば駅前に建てられたバス会社の営業所と観光案内所、さらにはコンビニエンスストアが入ったビルと一体になってますます便利になる。それは解る。ただ古きよき時代の風景になった稚内駅の建物が無くなったのが悲しいのです。

0090

かつての駅に掲げられていた駅名標が、新しい駅のホームに掲げられていました。それがせめてもの救いでした。

« 新年早々に北辺の鉄路を目指す(その2) | トップページ | 稚内の夜 »

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

 稚内駅の変貌ぶりにはびっくりですね。 稚内駅は最近は飛行機でしか行ったことがありません。(爆)

以前の駅舎には立ち食い蕎麦屋さんが入っていたので、島へのフェリーの待合やタクシー運転手さんの休憩場所としても機能していました。新しい駅舎は、ちょっとそうのような雰囲気が無さそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/53708567

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい稚内駅:

« 新年早々に北辺の鉄路を目指す(その2) | トップページ | 稚内の夜 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31