無料ブログはココログ

« The Royal Scotsman | トップページ | 新年早々に北辺の鉄路を目指す »

2012年1月 3日 (火)

富士櫻高原麦酒訪問記

先日は富士櫻高原麦酒に行ってきました。クラフトビール好きの方には富士櫻高原麦酒はお馴染みに銘柄のひとつ。ブランド名の富士櫻は山梨県の県花で山桜の一種だそうです。麦酒としては特にヴァイツェンが有名で、あちこちのイベントで飲む機会が多い割には、現地へ行きにくい醸造所の1つに数えられています。

0145

醸造所は、文字通り富士山の麓にあり、富士急行線の河口湖駅が最寄になっています。富士急行線に乗るには中央線の大月駅からの乗換え。富士山や富士五湖への観光客目当ての観光特急が走っています。

0146

地元のお客さんが乗るのは、元京王電鉄の中古車。京王時代には特急車両として活躍し本線を快走していたのですが、今ではローカル線で余生を送っています。それに乗って1時間ぐらい。数点の河口湖へ。

0147

河口湖駅前は東京方面からの高速バス、周辺観光地への路線バスが発着するバスターミナルになっていて、その前に富士観光開発という会社のビルが建っています。富士山麓の別荘地の開発販売、観光施設の運営を手がけているこの会社こそが富士櫻高原麦酒の経営母体で、別荘地や観光施設への送迎バスを使うのが、富士櫻高原麦酒をクルマで訪ねる殆ど唯一の手段です。

0149_2

0148

送迎バスはビルの裏手から発車します。1日に6往復と、決して便利とは言えませんが、無料なので文句は言えません。バスに乗れば15分ほどで富士櫻高原麦酒の醸造所とレストラン「シルバンズ」へ到着です。

0151_2

私の醸造所訪問は、ピーク時間帯を外した頃に訪ねる事が多い。今回は冬の平日、しかも昼さがりだったので、お客様の姿はまばら、、、というより誰も居ませんでした。禁煙席が設定されているサンルーム風の場所で飲んでいるのは私だけ。美味しいビールだとは十二分に解るのですが、盛り上がりに欠けます。飲むしかない!と開き直って飲み続けて、すっかりべろんべろんになってしまいました。

« The Royal Scotsman | トップページ | 新年早々に北辺の鉄路を目指す »

ビールの店」カテゴリの記事

ビール:甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/53682697

この記事へのトラックバック一覧です: 富士櫻高原麦酒訪問記:

« The Royal Scotsman | トップページ | 新年早々に北辺の鉄路を目指す »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31